メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第288回 全豪オープンのみどころ② ~大会展望編~

2017/01/19

上位陣が盤石の男子。女子は混戦模様。フェデラー復帰はファンへの朗報です

 全豪の前哨戦では男女でまったく逆の傾向が見られました。男子はドーハの大会でノバク・ジョコビッチとアンディ・マレーが優勝争いを演じるなど、上位選手に相変わらず安定感があって、昨年までの流れが続いています。特にトップ選手が前哨戦から気合いを入れてきているな、という印象です。

 昨年終盤にランキングが2位になったジョコビッチは、シーズンはじめの大会でタイトルを取りました。今シーズンの気合いの入れ方が見えたような気がします。まだまだ1位の座を渡したくないという意地を感じます。
 マレーが1位とはいえ、ポイントでは拮抗しています。この大会も、両者の意地のぶつかりあいになるでしょう。
 ボリス・ベッカーさんはジョコビッチの陣営を離れましたが、もともとジョコビッチは“プラスのエッセンス”としてベッカーさんを招いたわけですから、そのプラス分がなくなっただけ。最初からプラスだったわけで、マイナスにはなっていないと私は見ています。

 ロジャー・フェデラーは昨年のウィンブルドン以来の、久しぶりの四大大会です。彼のプレーを長く見てきた私としては、ロジャーのいないグランドスラムはグランドスラムじゃないと言ってもいいほどで、同じように思っているファンの方も多いと思います。カムバックは大歓迎です。
 このところグランドスラムでは勝てていませんが、彼が現役選手で居続けるのは、彼の中では勝てる可能性が見えているからに違いありません。どういう入り方でスタートできるか、1週目のプレーが特に注目されます。

 女子は、前哨戦を見ると情勢は混沌としている印象です。アンジェリック・ケルバー、セレナ・ウイリアムズ、アグネツカ・ラドバンスカといった上位が開幕戦でもたつき、一方で、シーズンの台風の目になりそうなカロリーナ・プリスコバなどの若手選手が活躍しました。
 昨シーズンはケルバーの安定感が目立ちましたが、今のところ、彼女を含めた上位陣は様子を見ている感じでしょうか。ここ数年の流れでも、前哨戦では意外性のある選手が優勝者リストに名を連ねる傾向があります。

 女子のほうがシーズンに入り込むまでに時間がかかる雰囲気もありますね。私自身、年始めのゴールドコースト大会で優勝したことがあるのですが、オフの過ごし方がロケットスタートを切れるかどうかに直結します。オフにトレーニングを追い込めたときは、思いきりシーズンに入れますし、追い込めなかったときは、その不安がありながらのスタートになります。ただ、長いシーズンですから、始まってからなんとかなればいい、帳尻合わせができればいいかなと、考える場合もあるのです。

 その中で、セレナの巻き返しには注目ですね。婚約を明らかにしましたが、プライベートが充実したことがプレーにどう影響するのか。オフはコート外での仕事も忙しそうでしたが、最初の四大大会でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみです。
 彼女も今年で36歳。あのパフォーマンスを長きにわたって維持しているのはさすがですし、あらためて、ずば抜けた身体能力の持ち主であると感じます。ただ、以前は下位選手が彼女に挑む場合、始まる前から結果が見えてしまうところもありましたが、今はそうではありません。若手の一人が勝つと、周りの選手も含めて印象が変わってくるのです。同じレベルの人が上位を破ると「自分にもできる」と思うのが選手心理。力があって、自信を増している若手選手が増えているので、大会そのものが混戦になるかもしれません。

「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料

放送カード

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
午後5:30~よる9:00

WOWOW プライム生無料

女子シングルス1回戦

J.ボーズラップ
(USA)

P.クビトバ
(CZE)

WOWOW プライム生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

5月28日(日)
全仏オープンテニス2017
よる9:00~午前4:55

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

ダニエル 太郎
(JPN)

J.ヤノビッチ
(POL)

WOWOW ライブ生無料

女子シングルス1回戦

A.アニシモア
(USA)

奈良 くるみ
(JPN)

WOWOW ライブ生無料

男子シングルス1回戦

杉田 祐一
(JPN)

S.ジョンソン
(USA)

放送カードプレビュー 一覧へ

Pickup Court 未放送試合を配信

大会第1日 5月28日(日)

A フィリップ・シャトリエ

詳細へ

B スザンヌ・ランラン

詳細へ

C No.1コート

詳細へ

全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
全仏オープンテニス2017スタンプラリー

オンエア情報

  • 5月
  • 6月
5/28(日)~6/11(日)連日生中継
全仏オープンテニス
6月16日(金)~6月18日(日)連日生中継
【6月16日(金)無料放送】女子テニスWTAツアー ノッティンガム
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • 全仏オープンWOWOWオリジナルクリアファイルプレゼント
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 全仏オープンテニス2017スタンプラリー
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • テニス太郎ぬいぐるみストラップ 新作発売キャンペーン中!
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中