25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第254回 全仏オープン見どころ(海外選手編)

2016/05/18

生涯グランドスラムが懸かるジョコビッチ、ナダルも復調しています

 全仏オープンはいよいよ22日に開幕します。今回は海外の注目選手を挙げていきます。

 この大会に生涯グランドスラム(四大大会全制覇)の懸かるノバク・ジョコビッチは、今季絶好調。マスターズ1000のローマでは惜しくもタイトルを逃しましたが、インディアンウェルズ、マイアミ、マドリードと、すでにマスターズ3大会に優勝しています。もちろん、まだタイトルのない全仏も取りにくるでしょうね。

 ただ、何が起こるか分からないのが全仏ですし、気候、ドロー運、日程など実力以外の要因に左右される部分も少なくありません。それらに対応しながらメンタル面をセットアップしていくのに、思わぬエネルギーを費やすものなのです。昨年のジョコビッチは厳しいドロー、日程に泣かされ、準優勝に終わっています。今回も当然、優勝候補ですが、そういった要素との戦いがひとつの鍵になりそうです。

 ラファエル・ナダルの復調はうれしい限りです。元気がない時期が長く、得意のクレーでもどうなのかと不安視されていましたが、見事、復活です。テニスの内容も素晴らしく、体も調子がよさそうです。バルセロナの錦織圭選手との試合も、以前のナダルが戻ってきたなという感じがしました。

 パワーだけに頼るのではなく、前への入りが早くなっているのが彼に見られる変化です。チャンスを見逃さずに前へ入る動きが早くなっています。選手は皆、ポジショニングには工夫していますが、彼も攻撃を早くするように心がけているのではないか、というのが見てとれます。中に入るというのは難しいし、勇気のいることです。しかも、ナダルのように長くクレーコートでやってきた選手は、このプレーを身につけるには、ある程度の時間が必要です。ポジションを50センチでも前に入るだけで、すごく心地よくない思いをするのです。端で見ているより大変なことですが、彼はそれを成し遂げようとしています。

 フアン マルティン・デル ポトロはプロテクトランキングで出場予定でしたが、結局、欠場となりました。グランドスラムに不可欠の選手ですが、けがに泣かされて思うようにプレーできていません。ウィンブルドンでの復帰に期待したいと思います。

 女子は前哨戦のローマでセレナ・ウイリアムズが優勝しました、全仏でも優勝候補ですが、彼女以外の選手となると、成績のアップダウンもあって混戦模様です。

 その中で注目しているのは、インディアンウェルズ、マイアミ・オープンと連勝したビクトリア・アザレンカです。才能のある選手で、どのサーフェスでもこなせるプレースタイルの持ち主なので、クレーコートでも十分期待が持てます。

 近年の彼女はケガや体調不良が多くなっていて、どれだけフィジカルをフィットさせられるか、追い込めるかが成功の鍵となっています。彼女自身、追い込めないもどかしさがあったでしょう。今季はオフの時期からしっかり準備ができていて、それが好スタートにつながりました。

 現時点での心配な要素と言えば、やはりコンディションです。前哨戦のマドリードでは腰痛で3回戦を棄権。十分な準備ができずに開幕を迎える可能性もありますが、準備段階で自分のやるべきことをこなし、一番いい形で大会を迎えてほしいですね。

 全豪でグランドスラム初優勝のアンジェリック・ケルバーもいいですね。全仏の前哨戦ポルシェグランプリでも優勝。もともと実力のある選手ですし、今、勢いに乗っています。彼女の特徴はフィジカルの強さです。あれだけの強い気持ちがあるのも、フィジカルが気持ちを引っ張るところがあるのだと思います。もちろん、クレーコートも得意にしています


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中