25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第222回 デ杯プレーオフで日本のワールドグループ残留に貢献

2015/10/09

写真:アフロ

■プレッシャーの中、立派に勝ちきったダニエル太郎選手

 取り上げるのが遅くなってしまいましたが、デビスカップ・ワールドグループのプレーオフで日本がコロンビアを破り、同グループ残留を決めました。日本にとってはアウェーの戦い。しかも、第2日を終えて1-2となり、流れはコロンビアでしたが、それを巻き返したのはチームJapanの力です。シングルスで2勝の錦織圭選手。2-2からのシングルスで日本の勝利を決めたダニエル太郎選手。素晴らしい活躍でした。

 今回はダニエル選手中心に書いていきます。彼はクレーコートを得意にしているとはいえ、標高1400メートルの高地で、応援も完全アウェー状態での試合でした。彼はスペイン語もわかるので野次の内容も理解できたらしく、余計に大変だったと思います。そのようなタフな条件全てに勝った、ということでしょう。

 初日もヒラルド選手相手に接戦に持ち込みました。これは敗戦でも自信にはなったと思います。ただ、中1日での最終日のシングルスは、体力的には大変だったと思います。しかも通算2-2で、相当なプレッシャーかかってくる試合だったはずなので、ファージャというタフな相手によく3セットで勝ちきったと思います。相当、実力が付いた証拠ですね。精神的、肉体的に、テニスの内容もひとつレベルアップしたからこその勝利だったと思います。頼もしいと感じますし、これからが楽しみです。もちろん、本人にはいい経験に大きな自信になったことでしょう。

 デ杯やフェドカップで活躍すると、個人のツアーでもいい流れが来るものです。2010年にセルビアを優勝に導いたジョコビッチが最たるものですね。女子も今年の全米はイタリア対決でしたが、優勝したペンネッタも準優勝のビンチもフェド杯で力をつけた選手と言っていいでしょう。ダニエル選手にとっても、この勝利がそういうターニングポイントになってほしいですね。おめでとうと心の底から言いたいと思います。

 彼は、精神的にねばり強く、最後までやりぬくという特長を持った選手です。それがプレーを見ていても伝わってきます。

 今まで、悔しい結果に終わった試合も見てきましたが、彼の試合は「次はやってくれるんじゃないか」と思わせてくれるんです。見ていてもやもやしてくるというか、「もっとできるのに」とか「ここでもう少し力を発揮できないないかな」と思わされる選手がいますが--実は大半がそういう選手かもしれません--彼の試合はそういうところがなくて、次に期待したいといつも思わせてくれます。彼の、やりきるところ、“オールアウト"の精神が、そういう印象を与えてくれるのだと思います。

 昨年デ杯デビュー(チェコのロソルと対戦)戦も0-2から2-2に追い上げました。ただでは終わらないよ、というところを見せるのはすごく大切です。対戦相手に「この人は何かやってくる」と思わせることが重要なのです。見えないプレッシャーを与えることができるし、その試合だけではなくて、次に対戦したときに相手に威圧感や嫌なイメージを与えることになります。

 逆に、ここまで追い込めばあとは尻すぼみになるというのがわかる選手もいます。たとえ調子が悪くてうまくいかない中でもなんとかしてくる選手と「あ、今日ダメだ」となる選手はすごくちがいます。やっていて、相手があっさりしているほど楽なものはないのです。そこが成功するしないの一つの分かれ目になるはずです。その点、彼のプレーは“このままじゃ終わらないな"というのが伝わってきます。

 個人戦でのプレーは植田実監督へのアピールにもなっていたでしょう。監督にも勢いのある若手を使いたい気持ちはあったはずですが、実際に使うのは勇気のいることです。その点、今回はダニエル選手が得意とするクレーコートで、監督も選びやすかったでしょう。いいタイミングでプレーの機会を与えることができたと言えるのではないかと思います。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
グランドスラムダブルス最高成績:全豪準優勝(2009年)、ウィンブルドン優勝(2003年)、全仏優勝(2003年)、全米優勝(2000年)
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム連続出場の歴代2位記録(62大会・女子1位)を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中