25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第165回 モレスモーをコーチに迎えたアンディ・マレー

2014/07/08

 第165回 モレスモーをコーチに迎えたアンディ・マレー

写真:AP/アフロ

■新コーチのもとでマレーはどう変わっていくでしょうか

 新しく迎えたアメリー・モレスモーコーチとともに、アンディ・マレーがウィンブルドンに臨みました。

 以前の彼は、スロースターターで、仕掛けられるのに仕掛けずに駆け引きしたり、つかみどころのないイメージがありました。それが、イワン・レンドルさんがコーチについて、劇的に変化しました。すごく攻撃が早くなったと感じました。精神面での変化が大きかったと思うのですが、レンドルコーチとともに挑んだ2012年全米あたりから、ガラッと変わった印象があります。

 同時代にフェデラーとナダル、ジョコビッチがいて、正直、グランドスラムタイトルを取るのは大変じゃないかと思うこともありました。ところが、12年全米、そして昨年のウィンブルドンで実力を見せつけてくれました。それ以前にも、12年のウィンブルドンなど四大大会の決勝に何度も進出していましたが、取りきれないのは何らかの理由があったのだと思います。その殻を破ったのは、やはりレンドルコーチとの地道なワークの成果だと思います。

 印象的だったのは、全米で優勝した直後、優勝カップを持ってWOWOWのインタビューに来てくれた時のことです。婚約者のキム・シアーズさんと一緒で、二人でカップを見ながら「ここにあなたの名前が…」というように話している雰囲気が、本当に優しかったのです。彼女が支えていたんだなというのも分かったし、彼のチームがうまく機能していることも感じました。

 そのマレーが今回、新たに迎えたのがモレスモーコーチ。噂は前から流れていましたが、実際に発表されたときは、やはり意外だなと感じました。

 ただ、マレーは以前からお母さんの意見に耳を傾けていたし、男性だから女性だからというのを気にしない選手なのかもしれません。男子ツアーの選手の中には、女子選手の言うことなんて、という考え方の人もいないわけではありません。彼にはそういう偏見がなく、リスペクトを持つことができる選手なのでしょう。素直に、彼女から多くのものを得られると考えたからこそ、契約が成立したのだと思います。

 いずれにしても、今回の契約は、あらためて彼のオープンマインドな部分を見たような気がします。

 アメリーとは現役時代に何度も対戦しています。戦術は幅広く、割り切った考え方のできる人です。そうしたメンタリティは、女子より男子に近いかなと感じたこともあります。引退後、コメンテーターとして活躍した時期もありましたが、彼女のテニスに対する考え方や戦術の理解度から想像して、コメンテーターとしてもプラスの評価があったでしょう。試合の本当の深さ--表面的に起こっていることではなく、選手の心理状態などを理解した上でのコメントが発せられていたはずです。

 女子の元選手が男子選手のコーチにつくというのは今までにない形ですが、重要なのはお互いにリスペクトできるか、信頼関係を築けるかどうかなので、女性、男性は関係ないと私は思います。女子だから男子の試合が理解できないわけではないし、実際、彼女はロドラ選手のコーチにつくなど、フランスの男子選手たちからも尊敬されています。

 ですから、これがあるべき姿なのかなと思います。コーチングの世界ではこんな例がもっと普通になっていくかもしれません。

 コーチの影響力は大きいので、これからマレーがどう変わっていくかを見るのは楽しみだし、興味深いですね。アメリーもコーチを引き受けたのは、かなりの覚悟があってのことでしょう。彼女のプロフェッショナルな仕事が見られたら、うれしいですね。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/

好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>>

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム62大会連続出場のギネス記録を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
テニス総合サイト THE TENNIS DAILY

オンエア情報

  • 6月
  • 7月
予選 6月26日(月)~29日(木)
7月3日(月)~7月16日(日)連日生中継 ※7月9日(日)除く
【初日無料放送】ウィンブルドンテニス
6/27(火)午前11:00
6/28(水)午前11:00
テニスグランドスラム名勝負選 全仏2017

一覧へ

テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中