テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」|WOWOWオンライン

25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

杉山愛 オリジナルコラム「愛's EYE」

第135回 選手が試合中に見ているノートには、どんなことが書いてある?

2013/11/14

 前回は試合の時にチェックポイントや確認事項を書いたノートをコートに持ち込むという話を書きましたが、今回はそのノートの内容について、もう少し書いていきたいと思います。

 私の場合、その時その時で自分にしっくりくることは違っていたので、いつも同じようなことを書いていたわけではありません。

 ただ、その中では、躍動感のある動きをイメージできるような言葉を書くことが多かったと思います。例えば、私は早い展開のテニスを心がけていたので、早いテークバックをすることであるとか、打ったら止まっていないで次の動きに移るという意味で「ヒット・アンド・ムーブ」とか。

 あとは「エネルギー」とか。やっぱり、元気がないと(笑)。調子の悪い時って、どうしてもエネルギーダウンしてしまうので、そういうことのないように「エネルギー!」と。

 また、身体のコア(体幹)をしっかりさせるために「ベリーボタン・イン」とか。お腹(おへその部分)をクッとへこませることで、体幹がしっかりします。体幹がしっかりすると、逆に手足など身体の末端がリラックスする。その意味で、体幹を意識させる言葉をノートに書いたのです。

 セレナ・ウイリアムズのメモが画面でチラッと見えたことがあって、見るとそこには「ステイ・ロー」と書いてありました。グラスコートのウィンブルドンでしたから、重心を下げないと素早く動けないから、それを忘れないようにということですね。

 え? そんな基本的なことか、と思うかもしれません。でも、そういうことなんです。彼女にとってはこういう言葉がしっくりきたのでしょうね。ノートに書いてあるのは、大体そういう内容です。本当に当たり前のこと、初歩的なこと、基本的なことが多いですね。

 それにしても、世界ナンバーワンのセレナが、そういうところをきちんとやっているというのは印象的です。試合前に、あのセレナが自分でメモを書いて、それをゲームの合間に確認している姿を想像すると、なんだかかわいらしいですよね。でも、選手というのは、それだけ必死だし、それだけ謙虚でもあるのです。


「愛’s EYE」コラムテーマ募集中!
杉山愛さんに語ってもらいたい、こんな事を聞いてみたいテーマを、
コラムをご覧の皆様より大募集中!たくさんのご応募をお待ちしております!

応募はこちら
https://eq.wowow.co.jp/enq/ai_eye/


好評連載中の杉山愛オリジナルコラム「愛’s EYE」が、書き下ろしを加え書籍化!!
購入はこちらから>> 

杉山 愛

杉山 愛
生年月日:1975年7月5日
出身:神奈川県
主な戦績:
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位
国際公式戦勝利数:シングルス492勝 ダブルス566勝
WTAツアー:シングルス優勝回数6回
ダブルス優勝回数38回
公式戦通算試合数:1772試合(シングルスとダブルス)
グランドスラム62大会連続出場のギネス記録を持つ。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
WOWOWテニス公式ツイッター
「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング 『TROPHY』稲葉浩志