メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
五郎丸歩が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら
TOP > TOP14とは & チーム紹介 > RCトゥーロン

ABOUT & TEAMS

TOP14とは & チーム紹介

RCトゥーロン

日本が世界に誇るFB五郎丸歩も加入した、世界的スターが多く在籍するラグビー版「銀河系軍団」。
昨シーズンは決勝で敗退、今シーズンはタイトル奪取に燃える!

RCトゥーロンのエンブレム

過去10年の成績

シーズン プレーオフ結果 シーズン順位
2015-2016 準優勝 2位
2014-2015 準決勝進出 1位
2013-2014 優勝 1位
2012-2013 準優勝 2位
2011-2012 準優勝 3位
2010-2011 8位
2009-2010 準決勝進出 2位
2008-2009 9位
2007-2008 2部
2006-2007 2部

チーム概要

RCトゥーロン

赤と黒がクラブカラーの南フランスの強豪クラブだ。1908年に創設、1931年に初優勝して以来、2000年代に入るまで3度の優勝を誇る名門だったが、財政難で2部に転落、低迷期に入る。だが、2006年に地元出身の実業家ムラド・ブジェラルが会長に就任すると、当時のニュージーランド代表の主将だったタナ・ウマガを獲得。

以後、オーストラリア代表SHのジョージ・グレーガン、南アフリカ代表LOのヴィクター・マットフィールドといった世界最高峰の選手を次々と招聘、09-10シーズンにはイングランド代表でキックの名手SOジョニー・ウィルキンソンを加入させ、TOP14へ返り咲かせた。

 

 

RCトゥーロン チーム紹介

現在も、フランス代表HOのギエム・ギラドや南アフリカ代表WTBブライアン・ハバナ、元ニュージーランド代表で日本でもプレーしたCTBマア・ノヌー、五郎丸のライバルとなるウェールズ代表FBリー・ハーフペニーなど多くのスター選手が在籍し、国内屈指の強豪としての地位を確立している。

12-13シーズンは初の欧州王座に輝くと、14-15シーズンまで欧州3連覇という快挙を成し遂げた。一方、TOP14では13-14シーズンに22年ぶりの優勝を果たしたが、昨シーズンはプレーオフ決勝でラシン92に破れて準優勝。今シーズンは雪辱に燃えている。

スタジアム

スタッド・マヨル

スタジアム名は当地出身の歌手のフェリックス・マヨルに由来。彼がクラブのために土地を第一次大戦後に購入し寄付した。また、ロゴはスズランだが、これはマヨルが歌う時にいつも胸ポケットにスズランを指していたため、彼へのオマージュとして採用された。スタジアムでは「フランスのハカ」とも言われるサポーターによるチャントの「ピル・ピル」が有名で、すっかり定着している。

主な所属選手

【PR】

レヴァン・チラチャヴァ(ジョージア)

【HO】

ギエム・ギラド(フランス)

【FL】

フアン・マルティン・フェルナンデス・ロベ(アルゼンチン)

【FL/NO.8】

シャルル・オリヴォン(フランス)
マムカ・ゴルゴゼ(ジョージア)
リアム・ギル(オーストラリア)

【NO.8】

デュアン・フェルミューレン(南アフリカ)

【SO】

フランソワ・トゥラン=デュック(フランス)

【SO/CTB】

マット・ギタウ(オーストラリア)

【CTB】

マア・ノヌー(ニュージーランド)
マチュー・バスタロー(フランス)
マクシム・メルモズ(フランス)

【WTB】

ブライアン・ハバナ(南アフリカ)
ジョシュア・トゥイソヴァ(フィジー)
ジェームズ・オコナー(オーストラリア)
ドリュー・ミッチェル(オーストラリア)

【FB】

リー・ハーフペニー(ウェールズ)
五郎丸歩(日本)

注目選手

マア・ノヌー

マア・ノヌー

Ma'a Allan Nonu

1982年5月21日生まれ(34歳)
身長182cm、体重106kg
ポジション:CTB(センター)
ニュージーランド代表キャップ:103
2003年にニュージーランド代表初キャップを獲得し、キャップ数は103を誇るラインブレイカーだ。2011年、2015年ワールドカップでは、ニュージーランド代表の連覇に大きく貢献した。体格を活かした豪快なランでトライを取るだけでなく、ステップも上手く、ロングパスやキックのスキルも高い。2011年度は日本のリコー ブラックラムズでもプレーした。2015年のワールドカップ後にRCトゥーロンに移籍、今シーズンはタイトル奪取に貢献したいところだ。

フランソワ・トゥラン=デュック

フランソワ・トゥラン=デュック

Francois Trinh-Duc

1986年11月11日生まれ(30歳)
身長184cm、体重90kg
ポジション:SO(スタンドオフ)
フランス代表キャップ:56
今シーズン、モンペリエから移籍したフランス代表SO。自ら仕掛けることもできる、総合力とスキルに長けた司令塔。2010年のシックス・ネーションズではフランス代表の全勝優勝に、翌11年ワールドカップでは準優勝に貢献。2015年ワールドカップは最終メンバーに選出されず、国内で議論を呼んだ。ベトナム出身の祖父を持ち、フランス代表として初めてアジア系のルーツを持つ選手。また、インテリでレストラン経営など実業家としての顔も持つ。

TEAMS

クレルモン・オーヴェルニュ

クレルモン・オーヴェルニュ

各ポジションにフランス代表の主力を揃える、中部の強豪。今シーズンも安定した戦力で国内と欧州の2冠を目指す!

詳しいチーム情報はこちら >

RCトゥーロン

RCトゥーロン

日本が世界に誇るFB五郎丸歩も加入した、世界的スターが多く在籍するラグビー版「銀河系軍団」。昨シーズンは決勝で敗退、今シーズンはタイトル奪取に燃える!

詳しいチーム情報はこちら >

モンペリエ

モンペリエ

南アフリカの名将ジェイク・ホワイトが率いる、フランスの「スプリングボクス」。今シーズンこそ初のタイトルなるか?

詳しいチーム情報はこちら >

ラシン92

ラシン92

昨シーズン、リーグ戦4位から復活優勝を果たしたパリ郊外にある伝統のクラブ。SOダン・カーターら世界的なスター選手も健在で、今シーズンは連覇を狙う!

詳しいチーム情報はこちら >

トゥールーズ

トゥールーズ

パリへの対抗心が激しい、リーグ最多優勝19回を誇る南の名門クラブ。フランス代表を中心にタイトル奪回をうかがう。

詳しいチーム情報はこちら >

カストル・オランピック

カストル

「地元に強いクラブを!」とのファンの願いで生まれた若いクラブ。今シーズンこそ悲願のプレーオフ進出なるか。

詳しいチーム情報はこちら >

ボルドー・ベグル

ボルドー

「地元に強いクラブを!」とのファンの願いで生まれた若いクラブ。今シーズンこそ悲願のプレーオフ進出なるか。

詳しいチーム情報はこちら >

ブリーヴ

ブリーヴ

96-97シーズンには欧州王者にも輝いたことのある中堅クラブ。再び上昇気流に乗ることができるか?

詳しいチーム情報はこちら >

ラ・ロシェル

ロシェル

大西洋に面した港町を本拠地とする、アメリカ人が発展させた古豪クラブ。再び強化へと舵を切った!

詳しいチーム情報はこちら >

グルノーブル

グルノーブル

アルプスの麓の観光と工業都市を本拠地とした伝統あるクラブ。今シーズンこそ降格争いから脱出できるか?

詳しいチーム情報はこちら >

ポー

ポー

スペイン国境に近いポーを本拠地とするピレネーの伝統クラブ。今シーズンもニュージーランド代表のスター選手らと1部定着を目指す!

詳しいチーム情報はこちら >

スタッド・フランセ

スタッド・フランセ

プレーもファッションも華やかなパリの名門。世代交代がうまくいかず昨シーズンは下位に沈んだが、今シーズンは名門復活なるか?

詳しいチーム情報はこちら >

リヨン

リヨン

美食の街を本拠地とするリヨン。伝統あるクラブだが、近年は2部と1部を行ったり来たり・・・。今シーズンこそ1部定着への足がかりを作りたい。

詳しいチーム情報はこちら >

バイヨンヌ

バイヨンヌ

かつてSH村田亙がプレーした、ラグビーの盛んなバスクの中心地バイヨンヌを本拠地とする古豪。今シーズン、再び1部に昇格!

詳しいチーム情報はこちら >

S