メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
世界中からスター選手や代表選手が集結し、激闘を繰り広げる。

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら

MENU

TOP > ラグビーのポジション

POSITION

ラグビーのポジション

ポジション紹介

ポジション紹介

最前線の職人

1,3 プロップ(PR)

プロップ(PR)

最前列でスクラムを組む。体重は120kg前後、最も重たい選手。また、ラインアウトのジャンパーを支えるなど縁の下の力持ち。

頭脳明晰、運動量豊富

2 フッカー(HO)

フッカー(HO)

最前列の中央でスクラムをコントロール。また、ラインアウトではボールを投入する。走力、判断力に優れた選手が多いポジション。

FWの要となる巨人

4,5 ロック(LO)

ロック(LO)

身長2m前後の巨漢選手が多い。ラインアウトではボールを取るジャンパー役、ボールを持っては突進してチャンスを作る。

ボールの狩人

6,7 フランカー(FL)

フランカー(FL)

FWながら高い身体能力、運動量、スピードが求められる。ボールのあるところに真っ先に駆けつけ、味方のサポートを行ったり、逆に敵のボールを奪い取るなど、攻守両面で重要なポジション。

FWの司令塔

8 ナンバーエイト(No.8)

ナンバーエイト(No.8)

フランカー同様、高い身体能力を求められ、スクラムの最後尾に位置することからFWへの指示を行うリーダーの役割を担うことも多い。

攻撃の起点

9 スクラムハーフ(SH)

スクラムハーフ(SH)

スクラムにボールを入れ、出たボールをSOにパス。さらに密集からボールを出し、SOと共に試合を組み立てる役割を担う。

チームの司令塔

10 スタンドオフ(SO)

スタンドオフ(SO)

SHからのボールを受け、攻撃の選択をする選手。司令塔的な役割を持ち、判断力だけではなくキック力も重要。

縦横無尽、タフな仕事人

12,13 センター(CTB)

センター(CTB)

SOからのパスを受け、展開したり、縦に突っ込んでチャンスを作る。タックルすることも、されることも多く、身体の強さが求められる。

トライゲッター

11,14 ウィング(WTB)

ウィング(WTB)

最も外側に位置してトライを取るのが役割。スピードタイプ、パワータイプなどがあるが、守備においてはキック力も重要。

最後の砦&逆襲の狼煙

15 フルバック(FB)

フルバック(FB)

WTBとともにバックスリーとも呼ばれる。最後尾に位置するため、相手のキックを処理してカウンターアタックを仕掛けたり、ロングキックを蹴り返す。

S