メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
五郎丸歩が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら
TOP > ニュース > 残り3節、指揮官交代のRCトゥーロン、プレーオフ出場へ前進なるか?RCトゥーロン vs カストル・オランピック

NEWS

ニュース

2017.04.13:みどころ

残り3節、指揮官交代のRCトゥーロン、プレーオフ出場へ前進なるか?
RCトゥーロン vs カストル・オランピック

第24節 番宣

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」のレギュラーシーズンも残すところ3節。プレーオフをかけた争いも佳境になってきた。4月15、16日に第24節が行われ、4位のRCトゥーロンと6位のカストル・オランピックが激突する。

◆RCトゥーロン、終盤での指揮官交代

RCトゥーロンは、マイク・フォードHC(ヘッドコーチ)が退任し、アシスタントコーチだったリチャード・コッカリル氏が前節から指揮をとっている。そして、元日本代表のスクラムコーチ、マルク・ダルマゾ氏がアシスタントコーチ、元オーストラリア代表のマット・ギタウが選手兼BKコーチを務めることになった。

前節はフランス代表キャプテンのHO(フッカー)ギエム・ギラド、元ニュージーランド代表のCTB(センター)マア・ノヌーのトライなどで、トゥールーズに33-23と見事に勝利。勝ち点を57に伸ばし、4位をキープした。

◆プレーオフ出場圏ギリギリのカストル・オランピック

一方、ラシン92とスタッド・フランセの合併騒動の影響で1試合未消化のカストル・オランピック。前節はリヨンに16-17で敗れて3連敗を喫したものの、かろうじて6位にとどまっている。だが、7位のラシン92には勝ち点53で並ばれ、8位のブリーヴとは勝ち点差「1」しかないため、プレーオフ進出は予断を許さない状況だ。アウェーではあるが、この試合に勝ってライバルたちをリードしたい。

両チームは昨年11月19日の第12節、カストル・オランピックのホームで対戦している。この時はFB(フルバック)五郎丸歩が先発出場したものの、4トライを挙げたカストル・オランピックが34-17で勝利している。

◆2年連続無冠は避けたいRCトゥーロン

ムラド・ブジェラル会長も、「まだ諦めていない」と語っている通り、RCトゥーロンは、2シーズン連続無冠で終わるわけにはいかない。ホームでしっかりと勝ち星をあげて、プレーオフ出場に近づきたい。

RCトゥーロンのホーム、スタッド・マヨルで行われる試合は、4月15日(土)深夜1:15からWOWOWプライムで放送。また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは4月15日(土)夜9:40から先行ライブ配信でお届けする。

チーム紹介
■RCトゥーロン
■カストル・オランピック

S