メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
世界中からスター選手や代表選手が集結し、激闘を繰り広げる。

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら

MENU

TOP > ニュース > ラグビーは胸躍る素敵なスポーツ 濱田岳さん、ラグビーの魅力を語る

NEWS

ニュース

2016.12.22:インタビュー

ラグビーは胸躍る素敵なスポーツ

濱田岳さん、ラグビーの魅力を語る

ラグビーは胸躍る素敵なスポーツ 濱田岳さん、ラグビーの魅力を語る

俳優として活躍している濱田岳さんは中学、高校とラグビーをやっていた。始めたきっかけは、「中学にラグビー部があって、仮入部の期間に入ったら、とても気持ちのいい先輩たちばっかりだったのと、中学でノビノビ鬼ごっこができるのが楽しくて(笑)。きっかけはそんな感じでした」。

元々、小学校の頃から正月の日本選手権などをテレビで見ていたそうで、「詳しくない方でも聞いたことがあると思いますが、『ノーサイドの精神』が12、3歳の頃の僕でも、とてもかっこよく思えた。あれだけ激しいコンタクトをするスポーツでも、試合終了の笛が鳴るとお互い称え合い、本当にノーサイドの関係になる(敵味方がなくなる)のが、子どもながら魅力的に思いました」。

そんな濱田さんのポジションはスクラムハーフとスタンドオフ。「スクラムハーフはテレビを見ていてもわかると思いますが、わりと小柄な人が任されるポジションで、FWとBKのつなぎ目みたいなポジションをやっていました」。

160cmの濱田さんだが、時には180cmを超える留学生にタックルに行く時もあったそうだ。「逃げるわけにはいかない。勝っていても、負けていても後ろに下がることが許されない、ノーサイドのホイッスルが鳴るまで逃げることができない緊張感がラグビーにはあります」。そして、「根性というか精神的な面はラグビーに育ててもらった。自分の弱い部分を直してくれたと思います」とも語る。

今でも日本代表の試合はチケットを買って観に行くと言うほどラグビーが好きな濱田さん。好きな選手を聞いてみると、「『キング』と「呼ばれていたニュージーランド代表の司令塔カーロス・スペンサー。オールブラックスの“ハカ”の陣頭指揮を取っていて、それはそれは格好良くて、キングと呼ばれるにふさわしい、ゲームを支配している感じもありました」。そして「スペンサーがやっていたノールックパスを部活で真似して先生に怒られていました『相手を見てパスしなさい』って」。

さらに「言い始めたらキリがないですが…(笑)」に続いて、「スクラムハーフをやっていた時はワラビーズ(オーストラリア代表)のジョージ・グレーガン。闘将と呼ばれるような選手で、グレーガンがボールを持った時は、相手のディフェンスラインが(何をするかわからないので)上がってこれない。グレーガンしかできない球さばきがあったり、かっこいいなと思いました」。

さらに「大畑大介さんが日本代表で活躍されている頃に、ちょうどラグビーをやっていました。2003年のワールドカップでの日本代表アンドリュー・ミラーのドロップゴールもすごくかっこよかった。それにイングランドのスターだったジョニー・ウィルキンソン。かっこいいと思う選手がたくさんいた」と本当に話が止まらなかった。

去年のワールドカップも見たという濱田さん。「あの試合、あの大会から日本ラグビーでの熱量が上がりました。詳しいルールはわからなくても、魅力が少しは伝わったと、ファンからすると実感の持てた大会でした」と、日本でのラグビーへの注目が上がったことをファンとして喜んでいる。特に「南アフリカ戦は誰もが興奮した試合。詳しくない方でも胸を打つところがあったと思います」。

ラグビーは胸躍る素敵なスポーツ 濱田岳さん、ラグビーの魅力を語る

ワールドカップで印象に残ったことを聞くと、「同じポジションで小柄ながら世界の大男に向かっていった田中史朗選手は、自分のことのように応援しました。タックルに行って跳ね返されても、すぐに立ち上がってまた捕まえに行く。あの姿は本当に『ラガーマンってこうだよな』というかっこよさを感じました」。

ワールドカップでも活躍し、現在はフランスリーグ「TOP14」のRCトゥーロンでプレーする五郎丸歩選手について聞くと、「日本でワールドカップが開催されますが、みなさんがラグビーに興味を持っていただくきっかけとなる選手は、五郎丸選手かなと思います。見たことなくても誰もが好きな、日本ラグビー界から生まれたスーパースターだと思います」。

さらに五郎丸選手へのメッセージをお願いすると、「スーパースター軍団のRCトゥーロンに移籍され、高い壁に挑んでいる五郎丸選手の姿勢に、日本中のラグビーファンの子どもたち、ラグビーに興味を持ち始めた方々も自分たちの夢を託す様な気持ちで応援しています。大変なことも多いと思いますが、遠い日本で応援しています。

また、RCトゥーロンといえばジョニー・ウィルキンソンのキックの前のルーティーンがまだ根付いていると思うので、今回からは新たに五郎丸選手のスタイルをRCトゥーロンのファンに植え付けていただければなと勝手ながら思っております。ご活躍を期待しております。頑張って下さい」。

最後に、濱田さんにラグビーの魅力を聞いてみると、「誰でも持ち合わせている闘争本能に火をつける、非日常的なワクワクを味わえるスポーツ。試合ごとに、チームごとにドラマがあるので、見続けてくだされば、どんどんハマっていくのでは」と、最後まで熱くラグビーを語ってくれた。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「ラグビー フランスリーグ TOP14」

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。五郎丸歩選手が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

第14節:クレルモン・オーヴェルニュvsスタッド・フランセ 12/23(金・祝)深夜2:45~ [WOWOWライブ] ※生中継
第14節:モンペリエvsRCトゥーロン 12/24(土)午前4:55~ [WOWOWライブ] ※生中継
第15節:トゥールーズvsクレルモン・オーヴェルニュ 12/31(土)深夜0:45~[WOWOWライブ] ※生中継
第15節:RCトゥーロンvsラシン92  1/2(月・休)午前4:30~ [WOWOWライブ] ※生中継

■『WOWOWラグビー公式ツイッター』(@wowow_rugby)開設!

WOWOWのラグビー公式アカウントです。放送スケジュール、最新ニュース、スーパープレー動画等を中心につぶやいています!

S