メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
五郎丸歩が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら
TOP > ニュース > 【大友信彦取材】トゥーロン記(20161113)(1)

NEWS

ニュース

2016.11.16:インタビュー

【大友信彦取材】トゥーロン記(20161113)(1)

【五郎丸初スタメン・フル出場】 /ラグビー フランスリーグ TOP14 第11節

2016年11月13日、トゥーロンにやってきた。

前日はコーカサス山脈の麓にある古都トビリシで、日本代表とジョージアのテストマッチ取材。完全アウェーの中で劇的な逆転勝ちを演じたジェイミー・ジャパンの戦いを堪能した。この日はトビリシからイスタンブール乗り継ぎで南仏コート・ダジュールのマルセイユへ飛び、そこからフランス国鉄の快速電車で約45分。すっかり夜のとばりが下りたトゥーロンに到着した。

トゥーロンの町は静かだった。キックオフは日曜の夜9時。そもそもヨーロッパでは、日曜日は店が閉まっているのが当たり前だ。この日はRCトゥーロンのホームゲームがある日なのだが、街中のラグビー関連ショップさえ平気で閉まっている。日の暮れた町は、開いている店も少なく、暗い…のだが、トゥーロン駅から歩くこと約20分、(十分に歩ける距離です!)、突然強い光が現れる。RCトゥーロンの本拠地、スタッド・マヨルである。日曜日の静かな町で、そこだけに人だかりができている!

五郎丸初スタメン・フル出場

スタジアムの周りでは、試合前のおしゃべりとビールで盛り上がっているお客さんたちがモール状態。ワインの国フランスでも、ラグビー場の周りはやっぱりビールが主役だと再認識する。

目が合ったファンが「お、日本人が来たな!」「今日は楽しみにしてるぜ」とウインクを返してくる。五郎丸の初先発は、どうやら地元トゥーロンのファンにとっても関心事のようだ。

スタジアムは、試合開始30分前になっても空席が多かったが、試合開始直前になると、にわかに席が埋まりだした。大型スクリーンでは、おなじみの、動画による出場選手紹介。RCトゥーロンの15番は「アユム ゴロマル!」わき上がる拍手がひときわ大きくなった気がしたのは身びいきだろうなあ。

ウォームアップする五郎丸の表情は厳しい。というか、いつもの表情と言った方がいいかもしれない。五郎丸がトップリーグの試合でもテストマッチでも、変わらず貫いてきた試合のときのいつもの表情。自分の内心を悟られないよう、自らに課しているポーカーフェイスだ。

選手はいったんロッカーに入り、改めて入場。スーパーラグビーのように、ホームチームのみ華やかに迎えるようなショーアップではなく、両チーム並んで入場してきて、ファンは両方のチームを拍手で迎える。フランスがどこでもこうだというわけじゃないだろうけど、ラグビーらしい文化を感じる。

続きを読む>>20161113トゥーロン記(2)へ

写真:(C)大友信彦

RCトゥーロン&五郎丸

S