メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
世界中からスター選手や代表選手が集結し、激闘を繰り広げる。

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら

MENU

TOP > ニュース > 昨シーズン決勝の再現、ラシン92 vs RCトゥーロン

NEWS

ニュース

2016.09.15:みどころ

昨シーズン決勝の再現、ラシン92 vs RCトゥーロン

【放送予定】ラグビー フランスリーグ TOP14 第5節

ラグビーフランスリーグ「TOP14」は第5節。いよいよ、ラシン92とRCトゥーロン、昨シーズンのファイナリスト同士が対戦する。

◆ラシン92の本拠地はパリ郊外の街

ラシン92が本拠とするコロンブは、パリ北西部近郊にあり人口8万人ほど。パリ中心部から10キロほどの距離にあり、列車で約15分の近さにある。街の名前はラテン語の柱(columna)に由来しており、この街にある遺跡のアトリウムの柱と関係しているという。

ラシン92がホームとして使用するのは、1924年にパリオリンピックのメイン会場、1938年のFIFAワールドカップでは決勝戦が行われた歴史ある「スタッド・オランピック・イブ・デュ・マノワール」というスタジアム。

当時は6万人収容だったが、現在では1万4000人ほど。チームは2017-2018シーズンより、パリ西部郊外のナンテールに新しく建設される「アレナ92」(3万2000人収容)に移転する予定となっている。

◆昨シーズン王者・ラシン92は復調なるか

そのラシン92だが、今シーズンは今ひとつ波に乗り切れていない。前節も強豪クレルモン・オーヴェルニュとの大一番では、SO(スタンドオフ)ダン・カーター、キャプテンのHO(フッカー)ディミトリ・ザルゼウスキら、主力を多数欠いた影響もあり、10-47と完敗。第4節を終えた時点で、2勝2敗(勝ち点9)、8位と厳しい状況である。

◆RCトゥーロンは上昇ムード

一方、RCトゥーロンも第3節まで精彩を欠き、早くもヘッドコーチ解任の噂もささやかれ始めたが、前節のトゥールーズ戦では、復帰したキャプテンのHO(フッカー)ギエム・ギラドがトライを上げるなど、ホームのトゥールーズをノートライに抑えて、15-32で快勝した。

ここまで2勝2敗だが、勝ち点を11に積み上げて4位に浮上。ディエゴ・ドミンゲス ヘッドコーチも「チームは今までと異なる姿を見せ、プレーを取り戻した。私たちはチームを忍耐強く構築している」と調子が上向き始めていることを実感している。

◆昨シーズンは3勝1敗でラシン92が勝ち越し、今シーズン初対戦は?

昨シーズンの「TOP14」の決勝で対戦した両者、昨シーズンはヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップを含め、4度対戦。ラシン92の3勝1敗であるが、いずれも接戦で、ホームが優位というわけでもなかったために、どちらが勝っても不思議ではないだろう。

ラシン92のSOダン・カーター、RCトゥーロンのFB(フルバック)リー・ハーフペニーの両キッカー対決にも注目だが、両者ともに強力なFWを持つため、セットプレーの出来が勝敗のカギを握ってくるはずだ。

ラシン92のホームでキックオフされるビッグマッチは、9月18日(日)深夜1時30分からWOWOWプライムで放送される。
(※WOWOWメンバーズオンデマンドでは、9/18(日)夜11時10分から先行ライブ配信)

S