メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
五郎丸歩が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら
TOP > ニュース > 得点ランク上位のキッカー対決、RCトゥーロンvsブリーヴ

NEWS

ニュース

2016.08.31:みどころ

得点ランク上位のキッカー対決、RCトゥーロンvsブリーヴ

【放送予定】ラグビー フランスリーグ TOP14 第3節

第2節、ポーとの対戦は接戦だったが、今シーズン初勝利を挙げたRCトゥーロン。第3節はいよいよホームのスタッド・マヨルでの開幕戦で、ブリーヴと対戦する。

◆ブリーヴは交通の要所、そしてレジスタンス運動

ブリーヴはフランス中南部に位置する、街の正式名称はブリーヴ=ラ=ガイヤルドで、リムーザン地方にあり人口は約5万人。ブリーヴはガリア語で橋を指し、ブリーヴ=ラ=ガイヤルドは「屈強な橋」という意味で、交通の要所として栄えてきた歴史を持つ。

また、第2次世界大戦中にドイツ占領下にあったブリーヴは、レジスタンス運動を盛んに行った地方の中心地であり、自力で解放されたフランスの最初の都市として歴史的にも有名。

この地方の特産品は栗であり、栗の葉がこの地方のシンボルマークとなっている。代表的なイベントには、フランスで第2の規模を誇る、本の見本市やヴェゼール川クラシック音楽祭、酪農フェスティバル、フォアグラ祭などが挙げられる。

◆若手育成に定評。今季は好調な出だしのブリーヴ

96-97シーズンには欧州チャンピオンになったこともある古豪ブリーヴは、下部組織が充実しており、若手の育成に定評のあるクラブだ。それでも、なかなか上位には進出できていないが、昨シーズンは8位と健闘した。

代表クラスの選手こそいないものの、堅実な試合運びで、第1節はリヨンと引き分け、前節はFB(フルバック)ガエタン・ジェルマンが1人で25得点を挙げ、スタッド・フランセ相手に勝利するなど好調な出だしを見せている。

◆RCトゥーロンは初勝利も接点が課題

一方のRCトゥーロンは、初戦はバイヨンヌに不覚を取ったが、課題だったディフェンスを修正したことで、第2節でポーを2トライに抑えて1勝1敗となった。それでもミスが多く、接点でボールを奪われる場面も少なくなかった。どこまで接点を修正できるかが、課題となろう。

◆ハーフペニーとジェルマン、キッカー対決

ただ、この試合のみどころは、なんといってもRCトゥーロンのリー・ハーフペニーと、ブリーヴのガエタン・ジェルマン、2人のFB(フルバック)対決になるだろう。

お互いに2試合で全てのキックを成功させ、現在40得点で得点ランキングのトップに立つジェルマンと、30得点で3位につけるハーフペニーのキックの競演は見逃せない。

総合力とホームの後押しを考えると、もちろんRCトゥーロンに分があるが、自陣で反則を重ねると、ブリーヴに足元をすくわれてしまう可能性もある。

トゥーロンの第3節は9月3日(土)深夜3時30分からWOWOWプライムで放送される。

S