メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

ラグビーフランスリーグTOP14

ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。
五郎丸歩が所属するRCトゥーロンの試合を中心に毎節2試合放送!

世界最高峰ラグビーリーグ「TOP14」見るならWOWOW ご加入はこちら
TOP > ニュース > TOP14、昨シーズン(15-16シーズン)の振り返り

NEWS

ニュース

2016.07.29:みどころ

TOP14、昨シーズン(15-16シーズン)の振り返り

TOP14、昨シーズン(15-16シーズン)の振り返り

◆前回チャンピオンのつまずき

2015年8月21日にスタートした「TOP14」の15-16シーズンは、その前年の14-15シーズンに14回目の優勝を飾った、スタッド・フランセの不調から始まった。

スタッド・フランセは開幕戦でポーに34-18と勝利を収めたものの、第2節でブリーヴに敗れ、早くも初黒星を喫するとそのまま3連敗。その後も低空飛行を続け、9勝17敗と大きく負け越し、12位に沈んだ。

◆ボーナスポイント差の争い

リーグ戦の上位を争ったのはクレルモン・オーヴェルニュ、RCトゥーロン、モンペリエ、トゥールーズといった上位の常連チーム。18勝を上げたチームが3つ出たが、ボーナスポイント(3トライ以上差で+1ポイント、5点差以内の負けは+1ポイント)の差でクレルモン・オーヴェルニュが1位となった。

RCトゥーロンは16勝ながら、1試合平均29.4点とリーグNo.1の攻撃力を見せ、リーグ最多18のボーナスポイントを稼ぎ2位。この2チームがプレーオフ準決勝からの登場となった。

◆リーグ首位の敗退

プレーオフ準々決勝は3位のモンペリエvs.6位のカストル・オランピック、4位のラシン92vs.5位のトゥールーズのカード。それぞれ上位のモンペリエ、ラシン92が勝利した。

準決勝ではクレルモン・オーヴェルニュvs.ラシン92、RCトゥーロンvs.モンペリエの対戦。RCトゥーロンは勝ったものの、クレルモン・オーヴェルニュは延長戦の末、ラシン92に1点差で敗戦。09-10シーズン以来、2度目の優勝はならなかった。

◆ラシン92が26 年ぶりの優勝、RCトゥーロンは4季ぶり無冠

決勝は退場者を出しながら、ラシン92がRCトゥーロンを振り切り、6度目の優勝を飾った。ラシン92はヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップでも決勝にも進出したが、サラセンズに敗戦。2冠獲得はならなかったが、フランス王者の称号を勝ち取った。

一方、2シーズンぶりの優勝を目指したRCトゥーロンは、3連覇を続けていたヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップでも、準々決勝でラシン92に敗れ敗退。4シーズン振りに無冠でシーズンを終えた。

【2015-2016シーズン順位表】

  • 1位 勝ち点88 クレルモン・オーヴェルニュ(18勝1分7敗)
  • 2位 82 RCトゥーロン(16勝10敗)
  • 3位 81 モンペリエ(18勝8敗)
  • 4位 81 ラシン92(18勝1分7敗)
  • 5位 79 トゥールーズ(16勝2分8敗)
  • 6位 71 カストル・オランピック(15勝11敗)
  • *****<プレーオフ進出>*****
  • 7位 67 ボルドー・ベグル(14勝2分10敗)
  • 8位 62 ブリーヴ(13勝1分12敗)
  • 9位 54 ラ・ロシェル(11勝15敗)
  • 10位 47 グルノーブル(10勝16敗)
  • 11位 46 ポー(10勝1分15敗)
  • 12位 41 スタッド・フランセ(9勝17敗)
  • *****<2部降格>*****
  • 13位 26 アジャン(5勝21敗)
  • 14位 24 オヨナ(5勝21敗)

【プレーオフ結果】

◆準々決勝

ラシン92 21-16 トゥールーズ

モンペリエ 28-9 カストル・オランピック

◆準決勝

クレルモン・オーヴェルニュ 33-34 ラシン92

RCトゥーロン 27-18 モンペリエ

◆決勝

RCトゥーロン 21-29 ラシン92

S