【出場6カ国紹介!】ラグビー欧州6カ国対抗戦 シックス・ネーションズ

  • 2018/2/1

【出場6カ国紹介!】ラグビー欧州6カ国対抗戦 シックス・ネーションズ

130年以上の歴史と伝統を誇る、欧州のラグビー強豪6カ国が参加して行なわれるシックス・ネーションズ。欧州最強を決める大会の模様を全15試合放送。

「シックス・ネーションズ」は1882年に第1回大会が開催されたラグビーの中で最も古い歴史を持つ国際大会で、イングランド、フランス、アイルランド、イタリア、スコットランド、ウェールズの6カ国で欧州最強の座を争う。前回は、元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ率いるイングランドがみごと連覇を果たした。エディー就任後のイングランドは22勝1敗と絶好調で、今大会最大の見どころは、このイングランドが3連覇を果たすかどうかだろう。

また、2019年のワールドカップで日本との対戦が決定しているアイルランドとスコットランドにも要注目。前回大会でイングランドに唯一の黒星をつけたアイルランドは2017年のテストマッチでも好調で、打倒イングランドの一番手といえよう。そして、前回大会で3勝2敗と勝ち越し、長い低迷から脱しつつあるスコットランドはダークホースになる可能性を秘めている。他にも、最多優勝38回を誇り地力のあるウェールズ、メンバーほぼ全員を国内リーグTOP14の選手で占め大舞台に強いフランス、2015年大会以来の勝ち星をつかめば優勝戦線を乱す存在となりかねないイタリアなど、どの対戦からも目が離せない。

2017年大会で連覇を果たしたイングランドは、世界のラグビーを統括する団体、ワールドラグビーが選定する世界最優秀選手に2年連続でノミネートされたLOマロ・イトジェとCTBオーウェン・ファレルという2人の大黒柱がチームを牽引する。そして、派手さは無いもののひとりひとりが着実に仕事をするアイルランドはFLショーン・オブライエンとSOジョナサン・セクストンの主力2人が活躍すれば打倒イングランドが見えてくる。スコットランドは、2年連続でシックス・ネーションズのMVPに輝いたFBスチュアート・ホッグが豪快なランでチームに勢いをもたらせるか。フランスは突破力に定評のあるNo.8ルイ・ピカモールや、SHアントワーヌ・デュポン、SHバティスト・サランという若い2人の司令塔争いに注目が集まる。世界トップクラスの選手たちによる白熱の戦いは必見だ。


イングランド(世界ランキング2位) 拡大表示する >

アイルランド(世界ランキング3位) 拡大表示する >

スコットランド(世界ランキング5位) 拡大表示する >

ウェールズ(世界ランキング7位) 拡大表示する >

フランス(世界ランキング9位) 拡大表示する >

イタリア(世界ランキング14位) 拡大表示する >

※2018年1月現在。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの