25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

EASTERN CONFERENCE

デトロイト・ピストンズ

Detroit Pistons

デトロイト・ピストンズ

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    元々所在していたインディアナ州フォートウェイン市は自動車産業が盛んで、初代オーナーが自動車部品のピストン工場を経営していたことから命名された。より大きな市場を求めてデトロイトに移転した。

  • 創設

    1941年(1948年加盟)

  • ファイナル制覇

    3回(NBL時代に2回)

  • ファイナル進出

    5回(NBL時代に2回)

  • アリーナ

    ザ・パレス・オブ・オーバンヒルズ

  • ヘッドコーチ

    スタン・バン・ガンディ

  • ゼネラル・マネージャー

    ジェフ・バウアー

※NBLはNBAの前身となったリーグ。


シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 44 38 .537 東8位 1回戦敗退
14-15 32 50 .390 東12位 不出場
13-14 29 53 .354 東11位 不出場
12-13 29 53 .354 東11位 不出場
11-12 25 41 .379 東10位 不出場
2016-17の展望

 スタン・バン・ガンディがコーチ兼球団社長としてチームを引き継いで以降、一昨年は32勝、昨季は44勝と順調に勝ち星を増やしてきた。特に昨季は2009年以来のポストシーズン進出を果たす実り多きシーズンになった。もっとも、プレーオフでは第1ラウンドでキャブスにスイープ負け。王者に明白な力量差を見せつけられた後で、トップとの差を可能な限り詰めるのが今季の目標になる。

 チームの軸になるのはレジー・ジャクソン、アンドレ・ドラモンドのイン&アウト・デュオ。昨季は平均16.2得点、14.8リバウンドを残したドラモンドは、フリースローという弱点を解消すればさらに数字を伸ばしそうだ。この2人の周囲を、スタンリー・ジョンソン、トバイアス・ハリス、マーカス・モリス、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープといった若手が脇を固める。伸びしろの残った選手が多かったことを考えれば、今オフの補強策は少なかったのは納得できる。

 しかし、そんなチームにとって、ジャクソンがプレシーズン中に左足を痛めて戦線離脱しのは痛恨だった。エースPGの復帰は年末になりそうで、その間はイシュ・スミスが穴を埋めなければならない。また、昨季移籍後の27戦で平均16.6得点を挙げたハリス、攻守両面で評価の高い2年目のジョンソンのステップアップにも期待がかかる。若手指導に定評あるバンガンディHCの下で、まずはジョンソンが戻ってくるまでの前半戦を乗り切れるかどうかが焦点になりそうだ。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

オンエア情報

2017年3月放送予定

3/23(木)午前10:00
キャバリアーズ vs ナゲッツ
3/25(土)午前11:30
キングス vs ウォリアーズ
3/30(木)午前10:30
ウォリアーズ vs スパーズ

2017年4月放送予定

4/1(土)午前11:15
ロケッツ vs ウォリアーズ

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!