25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

WESTERN CONFERENCE

ダラス・マーベリックス

Dallas Mavericks

ダラス・マーベリックス

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    マーベリックは「仔馬」のこと。西部をイメージして命名された。略してマブズ、マブスとも呼ばれる。

  • 創設

    1980年

  • ファイナル制覇

    1回

  • ファイナル進出

    2回

  • アリーナ

    アメリカン・エアラインズ・センター

  • ヘッドコーチ

    リック・カーライル

  • ゼネラル・マネージャー

    ドン・ネルソン



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 42 40 .512 西6位 1回戦敗退
14-15 50 32 .610 西7位 1回戦敗退
13-14 49 33 .598 西8位 1回戦敗退
12-13 41 41 .500 西10位 不出場
11-12 36 30 .545 西7位 1回戦敗退
2016-17の展望

 依然としてダーク・ノビツキーが主軸と世代交代は進んでいないが、それでも過去3年連続でプレーオフに進出して底力を示してきた。ただ、優勝した2011年以降はポストシーズンのシリーズ勝利はゼロ。今年こそはプレーオフでの勝利を手にするのが目標になる。

 エース役を務めるのはドイツの至宝ノビツキー。すでに38歳になったが、昨季も平均18.3得点、6.5リバウンドをマークしており、今季も得点源となってくれるだろう 。PGには故郷に戻った1年目に平均14.1得点を挙げたデロン・ウィリアムス、さらにはデビン・ハリス、JJ・バレアと実績ある選手たちが揃う。アキレス腱の手術から復帰したウェスリー・マシューズも今年は力は出せるはずだ。

 加えて過去2年はウォリアーズの一員としてファイナル進出に貢献したハリソン・バーンズ、アンドリュー・ボーガットの2人をFAで獲得。リック・カーライルHCという知将に率いられているだけに、今季もプレーオフ圏内の8位以内には入ってくるのではないか。

 もっとも、昨季と比べても大きな上積みがあるとは感じられず、プレーオフで勝つためにはサポーティングキャストの頑張りがこれまで以上に必要になる。注目は4年9400万ドルという高額契約で移籍してきたバーンズ。ウォリアーズでは脇役の一人に甘んじてきた24歳が年俸に応じた働きをしたとき、マブスが次の段階に進める可能性が膨らんでくる。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載
 

オンエア情報

2017年3月放送予定

3/23(木)午前10:00
キャバリアーズ vs ナゲッツ
3/25(土)午前11:30
キングス vs ウォリアーズ
3/30(木)午前10:30
ウォリアーズ vs スパーズ

2017年4月放送予定

4/1(土)午前11:15
ロケッツ vs ウォリアーズ

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!