メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

EASTERN CONFERENCE

オーランド・マジック

Orlando Magic

オーランド・マジック

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    フロリダ州オーランドに所在する「ディズニーワールドリゾート」のキャッチコピー「魔法の国」に由来。

  • 創設

    1989年

  • ファイナル制覇

    0回

  • ファイナル進出

    2回

  • アリーナ

    アムウェイ・センター

  • ヘッドコーチ

    フランク・ボーゲル

  • ゼネラル・マネージャー

    ロブ・ヘニガン



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 35 47 .427 東11位 不出場
14-15 25 57 .305 東13位 不出場
13-14 23 59 .280 東13位 不出場
12-13 20 62 .244 東15位 不出場
11-12 37 29 .561 東6位 1回戦敗退
2016-17の展望

 過去4年連続で負け越し成績を続けてきたマジックに、今季から評判の良いペイサーズ元HC、フランク・ボーゲルが新HCに就任した。ついに収穫期間に入ったとみるべきで、案の定、フロントは過去以上に積極的な補強を敢行。トレードでサンダーからサージ・イバカを獲得すると、続いてFAのビズマック・ビオンボと4年7000万ドルで、ジェフ・グリーンとは1年1500万ドルで契約し、選手層を厚くすることに成功している。

 もっとも、マジックはすでに成長株のアーロン・ゴードン、昨季に平均18.2得点、8.9リバウンドを挙げたニコラ・ブーチェビッチを擁している。インサイドは完全に人数が余ってしまっており、正直、意図の分からないチーム作り。この陣容で今季にどんなプレーをしていくかを予想するのは実に難しい。

 ガードにもエルフリッド・ペイトン、エバン・フォーニエと好素材が揃っているだけに、あとはフォワード、センターのローテーションを確立していくのが課題。ボーゲルHCがペイサーズ時代から定評のあったディフェンス意識をロースター全体に植え付けられれば、マジックは厄介なチームになる。ただ、ビッグマンは明らかに人材過多であり、SF起用が有力なゴードンが新ポジションで力を出し切れるかも微妙だろう。

 ボーゲルの手腕を持ってしても、現実的には勝てるようになるには数年かかると見る関係者は多い。前半戦ではまずはチーム方針に即したビッグマンを選別し、トレード期限前に何らかの形で動くことになるかもしれない。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!