25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

オンエア情報

ラッセル・ウェストブルック Russell Westbrook

オクラホマシティ・サンダー #0 G

1988年11月12日生まれ 191センチ 84.8キロ 2008年ドラフト1巡目4位
UCLA

ラッセル・ウェストブルック

Copyright 2016 NBAE Photo by Layne Murdoch NBAE / Getty Images

昨季のラッセル・ウェストブルックは、ケビン・デュラントとの強力デュオが復活し80試合で1試合平均23.5得点、10.4アシスト、7.8リバウンドをマーク。トリプルダブルを18度も記録し、オールラウンダーとしての実力を証明した。今季は同僚のデュラントがまさかの移籍。サージ・イバカもチームを去り、いよいよ単独フランチャイズプレーヤーとして真価を問われることになりそうだ。

そのスピードと突破力で得点を重ねてきたウェストブルックだが、昨季は課題だったシュート精度がやや改善された。3pt成功率は相変わらず3割を切る29.6%と低空飛行だったが、2ptのFG成功率は50.3%まで上昇。引き続き状況判断をしっかりしてアンセルフィッシュにプレーすれば、これらの数字はさらにアップする可能性もあるだろう。しかも今季は、主砲のデュラントが移籍したためウェストブルックがチームのNo.1オプション。バックコートでコンビを組むことになったビクター・オラディポがいるものの、デュラントがほぼ不在だった14-15シーズンのように再び得点王に立つ可能性も十分考えられる。

デュラントが抜けたことで、チームはやや再建期に入りつつあるように見られている。しかし、ウェストブルックはオフに3年の延長契約を結んでおり、自分のいるチームがそういう状況になるのは面白くはないだろう。となると、当たり前のことではあるが、ウェストブルックは個人の成績だけでなく勝敗を重視したチームプレーも迫られることになるだろう。

通算成績
Year Team 試合数 出場時間 FG% 3P% FT% REB AST STL PTS
2008-09 OKC 82 32.5 39.8% 27.1% 81.5% 4.9 5.3 1.3 15.3
2009-10 OKC 82 34.3 41.8% 22.1% 78.0% 4.9 8.0 1.3 16.1
2010-11 OKC 82 34.7 44.2% 33.0% 84.2% 4.6 8.2 1.9 21.9
2011-12 OKC 66 35.3 45.7% 31.6% 82.3% 4.6 5.5 1.7 23.6
2012-13 OKC 82 34.9 43.8% 32.3% 80.0% 5.2 7.4 1.8 23.2
2013-14 OKC 46 30.7 43.7% 31.8% 82.6% 5.7 6.9 1.9 21.8
2014-15 OKC 67 34.4 42.6% 29.9% 83.5% 7.3 8.6 2.1 28.1
2015-16 OKC 80 34.4 45.4% 29.6% 81.2% 7.8 10.4 2 23.5
Carrer   587 19983 43.5% 30.2% 81.8% 3285 4453 1021 12598
All Star   5 107 54.8% 38.2% 50% 27 13 11 119

※各シーズンの出場時間、REB、AST、STL、PTSは1試合平均

オンエア情報

2017年3月放送予定

3/22(水)午前11:30
クリッパーズ vs レイカーズ
3/23(木)午前10:00
キャバリアーズ vs ナゲッツ
3/25(土)午前11:30
キングス vs ウォリアーズ

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!