メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

NBA観るならWOWOW! ご加入はこちら
NBA観るならWOWOW! ご加入はこちら

オンエア情報

カーメロ・アンソニー Carmelo Anthony

ニューヨーク・ニックス #7 F

1984年5月29日生まれ 203センチ 107キロ 2003年ドラフト1巡目3位
シラキュース大

レブロン・ジェイムス

Copyright 2017 NBAE Photo by Jesse D. Garrabrant NBAE / Getty Images

昨季は故障から見事復帰し72試合でプレー。平均21.8得点、7.7リバウンド、4.2アシストと攻守に渡る活躍を見せた。またリオ五輪ではチーム最年長として米国選手のオリンピック通算得点記録を更新。自身としては3個目の金メダルを獲得し、NBAでは未だ優勝がないものの、五輪の「世界一」の栄誉にまたしても輝いた。

そんなアンソニーに、外野は「メロ(アンソニー)はNBAで優勝できない」との声も浴びせているようだが、今季はアンソニーを取り巻く環境が大きく変わり、「あわよくば」というシーズンとなりそうだ。この4シーズンに渡り一人でニックスの顔を務めてきたが、今季はシカゴ・ブルズから2011年に史上最年少でMVPに輝いたデリック・ローズが加入。インサイドもジョアキム・ノアが加わったほか、飛躍が期待されるクリスタブス・ポルジンギスのビッグマンが固め、無冠のアンソニーにとっては心強い布陣となった。特にローズのニックス入りでアンソニーの得点が低くなる試合もあるだろうが、アンセルフィッシュにプレーすることが求められる。

また指揮官にジェフ・ホーナセックHCが入り3年連続でプレーオフ進出を逃しているチームの改革に着手。新HCの舵取りに呼応することができるか注目される。さらに、新加入したスーパースターのローズと状況に応じて役割分担できるかも興味深いところ。繰り返しとなるが、ワンマンプレーに走らずチームプレーに徹することができれば、アンソニーが望む周囲の評価も得られるだろう。

通算成績
YearTeam試合数出場時間FG%3P%FT%REBASTSTLPTS
2003-04DEN8236.542.6% 32.2% 77.7% 6.12.81.221
2004-05DEN7534.843.1% 26.6% 79.6% 5.72.60.920.8
2005-06DEN8036.848.1% 24.3% 80.8% 4.92.71.126.5
2006-07DEN6538.247.6% 26.8% 80.8% 6.03.81.228.9
2007-08DEN7736.449.2% 35.4% 78.6% 7.43.41.325.7
2008-09DEN6634.544.3% 37.1% 79.3% 6.83.41.122.8
2009-10DEN6938.245.8% 31.6% 83.0% 6.63.21.328.2
2010-11DEN/NYK7735.745.5% 37.8% 83.8% 7.32.90.925.6
2011-12NYK5534.143.0% 33.5% 80.4% 6.33.61.122.6
2012-13NYK673744.9% 37.9% 83.0% 6.92.60.828.7
2013-14NYK7738.7 45.2%40.2%84.8%8.1 3.1 1.2 27.4
2014-15NYK4035.7 44.4%34.1%79.7%6.6 3.1 1.0 24.2
2015-16NYK7235.143.433.982.97.74.20.921.8
Career9023279545.334.481.25993284497022497
All-Star924350.732.672.772115175

※各シーズンの出場時間、REB、AST、STL、PTSは1試合平均

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイントpt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!