今まで影響を受けた選手は「田臥さん」
滋賀レイクスターズ、並里成選手が語るNBA、B.LEAGUE

  • 2018/1/15

並里成

4日にWOWOWで放送されたサンアントニオ・スパーズ対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦に並里成(滋賀レイクスターズ)選手がゲスト出演しました。アメリカ留学経験があり、アイザイア・トーマスとチームメイトであった並里選手に、今季のNBA、B.LEAGUEのことなどについて話してもらいました。

——今日、NBAの初解説をしてみてどうでしたか?

 最初はうまくできるか緊張していましたけど、やっていてすごく楽しかったです。分析しながら試合を見ることは普段やらないので、勉強にもなりました。

——今日の試合はいかがでしたか?

 セブンティシクサーズは前半に速い展開からうまく得点につなげていて、スパーズは前半でハーフコートバスケをして得点に苦しんでいました。でも、後半はスパーズらしさがでましたね。しかし、すでに遅かったという感じでした。スパーズはセカンドメンバーが出てきても評価が下がらないのは、さすがグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチという感じですね。今日はお休みでしたが、カワイ・レナードは要注目です。守備はもちろん、オールラウンドなプレイもします。シュートも年々うまくなっています。昨年は途中で離脱しましたが、彼がいるスパーズはすごく強いと思うので新たな成長を見たいと思います。シクサーズでは、ベン・シモンズとジョエル・エンピード、マーケル・フルツの若手3人がどうマッチするのかに注目しています。

——今シーズン注目しているチームを教えてください。

 クリーブランド・キャバリアーズ、ヒューストン・ロケッツあたりがゴールデンステート・ウォリアーズに対してどれだけ戦えるのか注目しています。あとはスパーズもですね。キャバリアーズは結構補強をしましたが、キーになるのはやはり、レブロン・ジェームズだと思います。彼のいつも通りのパファーマンスに周りがフィットすれば、(1月4日時点でイースタン3位の)チームはもっとよくなると思います。長期離脱から復帰したアイザイア・トーマスがどれだけチームにフィットするかにも注目しています。ロケッツは今までジェームズ・ハーデンのスキルと個人技だけだったところに、エリック・ゴードンの活躍とクリス・ポールのゲームコントロールも加わったのが大きなところです。

——ご自身のプレイで参考にしている選手がいれば理由と合わせて教えてください。

 クリス・ポールはすごい勉強になります。自らいくところとパスするところの緩急の使い方ですね。それとリーダーシップです。チームをけん引していくところは勉強しています。実際に本人と喋ったこともあるのですが、どんなシチュエーションでも先頭に立って出ていけというのは言ってもらいました。喋っていても圧倒されました。すごい迫力でした。

——ご自身が留学時代にチームメイトだったアイザイア・トーマスについてお聞かせください。

 当時の僕もですが、日本のポイントガードと言ったらゲームをコントロールしてパスを回すのが当たり前。しかし、「アメリカではパスだけではダメ!スコアしにいかないといけない。そうしないと認められない。」とアイザアには言われました。
練習でマッチアップしたときもお互いに得点を意識したディフェンスをしたり、すごく学びの多い経験でした。アイザイアは、オフコートはすごく優しいですね。いつもニコニコしていました。

——NBAで一緒にプレイしてみたい選手はいますか?

みんなレブロン・ジェームズというと思うのですが、僕には刺激が強すぎます。選手というより、スパーズみたいなチームでやってみたいです。

——今まで一番影響を受けた選手はだれですか?

(栃木ブレックスの)田臥(勇太)さんかもしれないです。初めてプロに入って何もバスケットボールを知らない自分に、背中で教えてもらいました。2年間一緒にやって、プロとしてオンコート・オフコートをどうあるべきか見せてもらいました。それが今でも自分の中でベースになっています。パスに関してもすごい学びました。

——B.LEAGUEについてお聞かせください。今シーズンここまで振り返ってみていかがですか?

個人的には本調子ではないと思っています。コンディションを上げてパフォーマンスを向上させるのも一つの目標です。チームとしてもチャンピオンシップを目指しているのですが、段階を踏んでしっかりと自分たちの目標を一つずつ達成できるように頑張っていきたいです。

——会場まで見に来てくれるファンの方に自分のどんなところ(プレイ)をみてほしいですか?

得点するところではなく、あえて身体を張る姿勢やディフェンスであったり、ボールを追いかける気迫を見てもらいたいです。

——最後にファンへメッセージをお願いします。

WOWOWをきっかけにファンが増えると嬉しいです。シーズン後半戦も一緒に盛り上げていければと思います。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」

12/28(木)~2018/1/13(土)は「日本バスケ×NBAコラボWEEK!」
国内トップ選手が集結!

1/6(土) 午前9:45〜 「スーパーサタデーLIVE!ラプターズvsバックス」 [WOWOWプライム] ゲスト:宇都 直輝(富山グラウジーズ)、長谷川 智也(サンロッカーズ渋谷)

1/10(水) 午後0:30〜 「ヒートvsラプターズ」 [WOWOWライブ]
ゲスト:松井 啓十郎(シーホース三河)

1/11(木) 午後1:00〜 「サンダーvsティンバーウルブズ」 [WOWOWライブ]

1/12(金) 午前8:00〜 「セルティックスvsセブンティシクサーズ」 [WOWOWライブ]ゲスト:中東 泰斗(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

1/13(土) 午前9:45〜 「スーパーサタデーLIVE!ウォリアーズvsバックス」 [WOWOWライブ]
ゲスト:渡邉 裕規、落合 知也(栃木ブレックス)

■詳しくはWOWOW NBA ONLINEへ!
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank