メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

NBA観るならWOWOW! ご加入はこちら
NBA観るならWOWOW! ご加入はこちら

NBAコラム

Vol.252 WOWOW NBAファミリーゆず北川悠仁さんも興奮するNBAオールスターの見どころ!

昨年まで2年連続でオールスター現地取材を行った、ゆずの北川悠仁さんに、オールスターの魅力、今季の展望、デビュー20周年を迎える自身の今年の目標などについてお聞きしました。(取材日:2017年1月21日)



写真

――まずはオールスター前夜祭の魅力についてお聞かせください

街全体がNBA、そしてバスケットボール一色になるので、前夜祭から盛り上がりが伝わってきます。生でプレーを見られるのはもちろんですが、なによりスター選手が街に集まってくるというワクワク感。あれは、日本では味わえないような雰囲気ですね。

――過去の前夜祭ではステフィン・カリー、コービー・ブライアントといった大物選手に取材をしました。前夜祭の思い出を教えてください

これまで取材をする側の経験がありませんでしたが、自分でいうのもなんですけど、思いのほか“持っている”と思いました(笑)。むちゃくちゃ引きが強くて、一生懸命に英語で喋ると結構答えてくれるんですよ。

昨年のトロントでは、引退するコービー・ブライアントに取材ターゲットを絞りました。この年は報道陣もすさまじい数だったので、今回は無理だろうと思っていましたが、最前列に陣取って、「コービー!コービー!」と叫び続けていたら、コービーが「なんだ?」みたいな感じでインタビューに答えてくれたんです。

しかも、試合当日にエレベーターを待っていたら、コービーと一緒になって「昨日はありがとう!」と言ったら、「あー昨日のね」と覚えていてくれたんですよ。これは忘れられない思い出ですね。ステフィン・カリー(ウォリアーズ)も無理だろうなと思って取材スペースを歩いていたら、普通にいたんです。隣まで近づき、日本のファンへメッセージをもらうことが出来ました。WOWOWのスタッフさんも驚いていましたね。

――オールスターの魅力を教えてください

スターが一堂に会すること。試合の中で通常はありえない組み合わせ、例えば今年で言うとカリーとジェームズ・ハーデン(ロケッツ)のようにレギュラーシーズンではバチバチやりあっている選手が、この日だけは同じチームで戦えるということですね。

他にも、オールスターはレギュラーシーズンと違ってリラックスしたゲームなので、洒落の分かる選手、空気を読まない選手がはっきり色分けされることで人間性もよくわかってくると思います。

――これまで見た中で、洒落のわかる選手と空気を読まない選手は誰でしたか?

レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)、カリーはとっても空気を読んでいたなと思いました。特にレブロンは自分がNBAを背負っていると自覚していると思うのですが、やっぱり昨年のオールスターでは誰よりもコービーを盛り上げていました。

空気を読んでいなかったのはラッセル・ウェストブルックですね。引退表明して最後の花道を飾るコービーのオールスターなのにダンクを打ちまくってMVP受賞って、おいおいと思いましたよ(笑)。



写真

――今年のオールスターの注目選手をイースタン、ウェスタンから一人ずつ教えてください

バスケファンからそんなベタな選手を選ぶのかと言われそうですが、イースタンはやっぱりレブロンです。昨年、キャバリアーズで優勝したことに大きな意味があると思っていて、レブロンのキャリアが完成された感じがしました。レブロンが本当の意味でのキングになったと思うんですよ。そのレブロンが、今年のオールスターでどんな姿を見せてくれるか楽しみですね。昨年は、カリーとレブロンのツートップのような感じで、どっちかというとカリーのほうが人気があったような気がしました。

でも、NBAファイナルで泣き崩れたレブロンを見て、この人がNBAのトップなんだと世界中の人たちが再認識しましたよね。そんなキングのプレーをオールスターで見たいです。

ウェスタンは、正直一人をピックアップするのは難しいので、カリーとハーデンですね。パスも供給するようになったハーデンがカリーの真のライバルになったので、カリーとハーデンの融合は楽しみです。

――オールスターを楽しむための注目ポイントを教えてください

初出場のヤニス・アデトクンボ(バックス)以外は、顔なじみのメンバーですよね。その中で22歳のアデトクンボが出てきて、NBAファンはもちろん知っていると思いますが、一般的に見て名前を知らない人も多いですよね。ここで、アデトクンボを知らしめるチャンスなのかと思います。若手が、レブロンを差し置いてダンクをかましまくって、MVPを狙いにいくくらいの勢いがあれば、すごい面白いなと思います。それを必死に止めにいくウェストブルックが現れるみたいな。若いアデトクンボと“KY”なウェストブルックのぶつかり合いを見ると楽しめると思います。

あとは、オールスター専用のグッズがかわいいですね。未だに昨年のトロントで買ったキャップを日常的にかぶっています。今年は、WOWOWのスタッフさんにお土産をお願いしています。

――オールスター以降のNBAの展望を教えてください

イースタンは、キャバリアーズがぶっちぎりかなと思います。プレーオフも勝ち上がって、NBAファイナルまで行くというのが順当な見方かと思います。面白いのはウェスタンな気がしていて、ウォリアーズ、スパーズ、ロケッツの3チーム争い。もちろん、ウォリアーズはプレーオフに出て3年連続でNBAファイナルまでいくのが順当だと思いつつも、プレーオフになるとすごい実力を発揮するスパーズの怖さはありますね。ハーデン率いるロケッツも日々進化していて、どこまでチームにケミストリー(化学反応)を起こせるか楽しみです。

ちなみにイースタンのダークホースはトロント・ラプターズですね。単純に、トロントに行ったときにカナダ人のラプターズ愛に触れてしまったのが理由です。(ヘッドコーチの)ドウェイン・ケイシーさんにインタビューもして、日本人ではないかと思うくらい和の心を持っていて素敵な方でした。強すぎるキャバリアーズ相手に番狂わせを起こすとしたら、希望的観測でラプターズです。



写真

――ゆず活動20周年を迎えて、今年の目標を教えてください

自分も40歳になって節目の一年になるので、ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたり、ゆずがこれまで実らせてきたものを一緒に味わえたりできたらいいなと思います。

今までゆずを知らなかった人も、今年はドームツアーやベスト盤が出たりするので、より多くの方に知ってもらえればと思っています。この20周年という節目を自分自身も味わい尽くす1年にしたいと思っています。


――WOWOW NBA視聴者へ一言お願いします

僕らが高校生の頃は、原宿にNBAショップがあって、そこにビデオとかを買いに行っていたのですが、今はWOWOWを通してリアルタイムに試合を見られて、自分も含めて今はラッキーだなと思っています。

シーズンが始まるとNBAが生活の一部になっているので、皆さんと一緒に同じ視聴者としてWOWOWでNBAを楽しんでいきましょう。


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「NBAバスケットボール」毎週5試合生中継
世界のスター選手が集う最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週5試合を生中継するほか、注目のキャバリアーズ、ウォリアーズ全試合含む500試合以上のハイライトもお届けする。

★「NBAバスケットボール夢の祭典!2017NBAオールスター前夜祭」
オールスターゲームの前日に行なわれる “前夜祭”。スラムダンクコンテスト、3ポイントコンテストなどのイベントが、NBAを代表するスター選手たちによって展開される。
2/19(日)夜10:00~ [WOWOWライブ]
ゲスト:おのののか
進行:Bose(スチャダラパー)

★「生中継!NBAバスケットボール夢の祭典 2017 NBAオールスターゲーム」
東西のスーパースターが一堂に会する、年に一度の夢の祭典オールスターゲームを現地から生中継で放送!
2/20(月)午前9:30~  [WOWOWプライム]
ゲスト:豊原功輔、五十嵐圭(新潟アルビレックスBB)
進行:Bose(スチャダラパー)

★ゆず北川悠仁の2016NBAオールスター潜入捜査
2/16(木)午後0:30~  [WOWOWライブ]

■詳しくはWOWOW NBA ONLINEへ!




PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイントpt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!