キャバリアーズ愛にあふれる「SIAM SHADE」の栄喜さん

  • 2017/11/27

SIAM SHADE」栄喜

11月25日(土)に行われた、ホーネッツvsキャバリアーズの(100-99でキャバリアーズの勝利)のゲストにお越しいただいた、「SIAM SHADE」の栄喜さんに残りワンプレーまで勝負の決着が付かなかった大接戦のゲームの感想や、あのスタープレーヤーへの並々ならぬ想いなど熱くたっぷりとお話を伺いました。

―― ギリギリのところでキャバリアーズが勝利を納めたゲームでした

最高のゲームでしたね、本当に嬉しい。バスケットボールの醍醐味は、最後の最後まで結果が分からないところだと思っていて、それが最大限に表れたゲームだったと感じます。

キャブスが連勝中である事を考えても、このゲームを勝つのと負けるのでは大きく違いますから。相手のホーネッツも、キャブスにここで勝てれば、今後勢いに乗って行くだろうと感じていましたし。

ラストプレーでホーネッツのエース、ケンバ・ウォーカーがフィニッシュを決められず、一方のキャブスのエース、レブロン・ジェームズは、ゲーム終盤の勝負どころでフィニッシュを決めたという部分で、チームの主役のパフォーマンスの差が出たゲームだったと思いました。

―― ここに来て、やっとキャバリアーズの強さが戻ってきたように見えます

何というのか、まだレブロンの存在感が際立っている感じです。でも、実は他のロスターも素晴らしいプレーヤーばかりで、彼らが噛み合った時の姿を早く観たいし、それを想像するだけで興奮しますね。

シーズン序盤は苦しい状況でハラハラしましたし、歯痒い気持ちにもなりました。それより何より、ケガで離脱しているデリック・ローズに早くコートに戻って来てほしいですね。

今シーズン頑張って結果を出して、来シーズン以降のキャリアに繋げてほしいです。彼自身も今シーズンは1年契約なので、勝負のシーズンだと感じていると思っています。同じポジションにアイザイヤ・トーマスもいるけど、彼ならやってくれると思います。

―― デリック・ローズへの愛に溢れていますね

実は彼を知ったのは、たまたまあるアーティストの音源を探していた時にYouTubeで彼のプレーハイライトが映像で曲と共に流れて。それを見た時に正直に驚愕して、そのまま彼のプレーを見るために即座にWOWOWと契約したんですよ(笑)。

NBAは元々好きでしたが、マイケル・ジョーダンの引退と、ミュージシャンになる決意で、敢えてバスケを遮断したんです。そんな中、あの映像を見たら凄すぎてカッコ良すぎて、更にジョーダンがいたブルズに彼がいるなんて思ったら、再びNBAへの想いが再燃した感じです。

自分とは真逆で、無口で真っ直ぐな感じとかカッコいいですよね。こうやって今、インタビュー受けているのもバスケに関わる事ができているのも、全てはデリック・ローズがきっかけなので、本当に彼には最大限の感謝しかないです。もし、彼が引退してしまう事になったらローズ・ショックで立ち直れないかもしれないです。

SIAM SHADE」栄喜

―― そして、キング・レブロン・ジェームズも気になる存在だと伺っています

2シーズン前、ウォリアーズを破って優勝した時に男泣きした姿を見て、感動して、その瞬間に大ファンになりました。レブロンは自身の故郷クリーブランド市民と約束した優勝のことがあったけど、絶対に泣かない男だと思っていたので声を出して大泣きした姿に凄く人間味があって、自分もその瞬間にもらい泣きしちゃいました(笑)。

他にもレブロン・ジェームズとカイリー・アービングが今シーズンは別のチームでライバルになりますが、開幕戦の試合終了後にリスペクトしあった瞬間とかも最高で、ああいう人間味溢れている瞬間を見るとそれだけで涙が溢れて来そうになります。

―― 今シーズンの優勝候補をズバリ教えてください

もちろんキャブスですね。愛するデリック・ローズにチャンピオンリングを獲得してほしいと思っています。このチームの雰囲気に彼が合っているような感じがするんです。

ライバルはアービングが移籍したセルティックスになるのかなと思っています。この2つのチームがイーストの決勝で対戦したらと考えたら、本当にNBAっていいドラマのシナリオを持っていますよね(笑)。

ウエストの大本命はやっぱりウォリアーズでしょ。対抗馬になるのは、毎年強いスパーズだったり、ジェームズ・ハーデンを擁するロケッツですね。

ロケッツはクリス・ポールが加入した事によって、チームが上手く回っている感じがして、そういう意味で彼は凄いプレーヤーだと改めて思いました。ロケッツの得点力がハンパないですよ。それでも自分はデリック・ローズと共に生きているので、どこが来てもキャブスの優勝は変わりないです。

―― NBA初心者の方へ、このチームは見てほしいというチームはありますか

もちろん、キャバリアーズはマストで推したいところですが(笑)、その中でサンダーをオススメしたいです。ラッセル・ウエストブルックはお客さんを最高にワクワクさせるプレーヤーなので、是非彼に注目して欲しいですね。彼は本当に規格外で、プレーの数々が普通に想像できない驚愕なプレーを連発させます。尋常じゃない驚くべきスピードも持っています。

自分自身も一度は現地で生で見たいプレーヤーです。本当に超人ですから、もう1回、オールスターのダンクコンテストに出てもらいたい(笑)。キャブスとNBAファイナルが実現したら面白そうですね。

あともう1つ言わせてください。トロント・ラプターズ。他のチームから引く手あまたのデマー・デローザンとカイル・ラウリーが数々のオファーを断って、チームに残留したじゃないですか。男の中の男を感じて、最高な人間性を持っているプレーヤーだと感じました。

チーム、ヘッドコーチへの忠誠心やチームメイトへの想いなど、考えるだけで最高にカッコいいと感じました。そういうドラマがある事を心に刻みながら、ラプターズのゲームも見てもらいたいですね。

今シーズンはスタープレーヤーが様々なチームへ移籍した事で、ウォリアーズやキャバリアーズ以外にもスター軍団と言われるチームができました。そんなスター達の競演を是非WOWOWのNBAでこの目に焼き付けてほしいと思っています。一緒に楽しみましょう。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの