Boseさん&長澤壮太郎さんがNBA序盤戦を振り返る

  • 2017/12/06

Bose(スチャダラパー)

12月2日(土)に行われた、スパーズvsグリズリーズ(95-79でスパーズの勝利)のゲストにお越しいただいた、スチャダラパーのBoseさん。そして、スーパーサタデーLIVEのメインキャスターである長澤壮太郎さん。

このお二人に、開幕してからこれまでのNBAレギュラーシーズン序盤戦を対談形式で、ざっくばらんに、そして徹底的に振り返っていただきました。

Boseさん:まずは全体的なサブライズで言うと、セルティックスがここまで強いと誰も思わなかった事ですよね。ムードとして取り返せる感じには見えなかったし、本当に苦しい状況だったけど、若手がゲームに出るようになって、予想を遥かに超えた結果を出していると思います。

もう一つはキャブスがなかなか調子が上がらずに、負けが多くなった事かな。開幕の時は、まだまだシーズンが始まっていないかのテンションに見えましたよ。今はちょっとずつ調子を戻して来ている感じには見えますけどね。

長澤さん:セルティックスは開幕戦でゴードン・ヘイワードがケガで離脱して、プレシーズンに作って来たものを急遽ゼロからやり直して、その中でこの結果はスティーブンスHC(ヘッドコーチ)の手腕というのは素晴らしいと感じていますね。

Boseさんが言ってくれたように、ジェイソン・テイタムやジェイレン・ローズの2人の飛躍は凄かった。そして、キャブスはプレーヤーの疲労とモチベーションのギャップが激しかったと思います。

レブロン・ジェームズがキャンプでケガをして、プレシーズンでほとんど何もできない状況で開幕を迎えた。その中で今シーズンは2週間も開幕が早まって、チームが疲れ切った状態で約1ヶ月シーズンを過ごしたと思います。その影響は大きかったですね。

だから、全体的に早く昨シーズンが終わって開幕を楽しみにしていたチームと、まだまだ休みたいと思っていたであろう、キャブスやウォリアーズとの差があったかなと感じています。

長澤さん:そういえば、Boseさんは今シーズンはサンダーに注目していますよね。

Boseさん:ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニー、ラッセル・ウエストブルックと新しいBIG3が作られた感じです。そしてスタメンに関してはバランスもいいように見えるけど、見ているともっと勝てるのかなと感じていますが、その点は長澤さんはどのように感じていますか?

長澤さん:スタメンは迫力あるし、問題ないと思うけど、ベンチメンバーが気になります。ここまでのメンバーを揃える為にトレードで2人を放出して、スターを1人獲得する感じになった中で、残りのお金でロスターを揃える形になったかなと思います。

そうなると、スタメンが出ていない時間帯が苦しくなっている部分があるので、時間をうまくシェアしながらBIG3が出ている時間帯を減らしていってもいいかなと感じますね。この3人は自分でそれぞれが仕事できるので、3人揃わなくても上手く回っていくんじゃないかなと思っています。

Bose(スチャダラパー)

Boseさん:そういう意味ではみんな大人で素晴らしい人間性を持っているから、揃って出すぎると全員が遠慮しちゃって、チームとして機能しなくなる可能性もあったりするのかなと。だから、ヘッドコーチの手腕というのに注目して見ていきたい感じがします。

もう一つ注目するのはティンバーウルブズですね。いい若手が揃っているし、ここからとても強くなっていくように感じています。タフなチームだし、プレーオフを見据えても戦えるメンバーが揃っている。

長澤さん:この先はどうなるのか分からないけれど、結果もしっかり出ていて非常に出来過ぎな状況に見えます。でも、プレーオフに8位とかで進出してくると非常に怖い感じがしますね。課題はディフェンスですが、今シーズンはその面を補強で補った部分があるので、しっかりゲームを締めることができれば、面白い存在になると思います。

逆に序盤ガッカリしたチームといえば、自分はサンダーかもしれないですね。あれだけの補強したので、新しいバスケットスタイルが見えるのかなと思った。けれど、最終的にはBIG3のスキルと上手さでゲームを展開しているように見えて、手詰まったら最終的にはアイソレーションから1on1で打開する感じが見えますね。チームとしてこれからどう戦うのか見定めていかなくてはと思います。Boseさんはいかがですか。

Boseさん:ガッカリというか残念だったのはクリッパーズかな。クリス・ポールが抜けてしまった部分があるから仕方ないけれども、そういう意味でディアンドレ・ジョーダンが一人で孤軍奮闘している感じで可哀想に見えますね。

長澤さん:残念と言ったら、もう1つは全体的にケガ人が多く発生している事ですね。プレーが上手いとかチームが噛み合っているかというよりも、チームが健康かどうかというレベルでの話になっている感じがします。

最初にキャブスの話が少し出ましたが、Boseさんはレブロン・ジェームズが大好きですよね。彼について、序盤のプレーぶりはどう見えていますか。

Boseさん:見ていて少し可哀想に見えて、一人でチームを背負って大変なんだなと感じています。その中でアイザイア・トーマスがケガから復帰してくれないと、チームとして見えてこないし、これで負担もより軽減されるかなと考えています。

まだ、完全なチームになっていない状況だから、早くその姿を見たいですね。今はドゥエイン・ウエイドがいるから、彼にとっては非常に精神的にはいい環境になっている感じに見えますね。

長澤さん:最後にここからのシーズンの注目ポイントは何でしょうか。

Boseさん:やっぱりレブロン・ジェームズですよ。ここからシーズンが過ぎていく中で、チームメイトを叱咤激励しながらも引っ張っていくかに注目しています。ウエストにはウォリアーズがいて、もう一度ファイナルで対戦して勝ってほしいなと思います。

長澤さん:自分は今シーズンやはり若手の台頭が凄いし、彼らのプレーを見ていると非常に面白いです。個々で打開するだけではなくて、チームとしてのバスケットをしようとしている。

その筆頭としてはセブンティシクサーズのベン・シモンズとジョエル・エンビート。チームとして、オフェンスでパスが物凄く回るスタイルで、これはNBA好きな皆さんに単純に観てもらいたいという気持ちがあります。

2人とも2mを超える身長なのに、ボールハンドリングが素晴らしいし、凄い才能だと思います。彼ら2人をチームとしてフィットさせてまとめている部分もいいですよね。今、注目するべきだし、ここから更に強くなると思います。今シーズンの注目はシクサーズと彼らですね。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの