メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

TOURNAMENT トーナメント情報

TOURNAMENT トーナメント情報

大会紹介

スケジュール一覧へ戻る

全米女子プロゴルフ選手権

大会見どころ

大会みどころ

怪我で棄権続き、ピンチの女王インビー・パークは4連覇なるか

インビー・パークは2013年から3連覇しており、今大会で前人未到の大記録に挑む。(写真提供:Getty Images)

 6月9日からはじまる、今シーズンのメジャー第2戦「全米女子プロゴルフ選手権」最大の注目は、大会4連覇に挑むインビー・パークだ。2013年から同大会を3連覇中のインビー・パークは、これまで7つのメジャーに勝利し、「メジャー3連勝」や「生涯グランドスラム」など数々の記録を打ち立てている。大会PRの為、5月にMLBで始球式を行った際には、「4連覇を達成するのも特別だが、『全米女子プロゴルフ選手権』でシーズン10回目の出場となり、殿堂入りの条件を満たすことになる。特別な1週間になりそう」とコメントしている。

 今季はキア・クラシックで2位、その後のメジャー初戦「ANAインスピレーション」でも6位タイと、徐々に調子を上げた。しかし親指の怪我で4月のロッテ選手権を最後に欠場、復帰した2大会ともに棄権というピンチの状態。負傷を乗り越え、前人未到の大記録を歴史に刻むことはできるか。初日のティーオフから目が離せない。

フェアウェイが狭くハイスコアの展開が予想される

開催コースのサハリーCCは「全米シニアオープンゴルフ選手権」など過去多くのビッグトーナメントを開催してきた。(写真提供:Getty Images)

 舞台となるのは、ワシントン州にあるサハリーCCだ。成長したモミやスギの林の中に開かれた北、南、東コースを有する27ホールズ。大会で使用されるのは、アウトが南コース、イン北コースで、6624ヤード、パー71のセッティングが予定されている。サハリーCCは、これまでにも2010年の「全米シニアオープンゴルフ選手権」、2002年の「NECインビテーショナル」、1998年の「全米プロゴルフ選手権」など、PGAツアーやチャンピオンズツアーの開催実績がある。これらの大会開催時の特徴を上げると、「フェアウェイが意地悪なほど狭く」、ティショットでドライバーを使うホールが少なかった印象がある。

 優勝スコアも「NECインビテーショナル」の10アンダーが最高で、「全米プロゴルフ選手権」9アンダー、「全米シニアオープン」8アンダー。なかでも「全米シニアオープン」は、アンダーパーで4日間を終えた選手が僅か4人。メジャー特有のタフなセッティングを連想させ、昨年、インビー・パークがトータル19アンダーで勝った展開とは異なり、いかにパーセーブをするか、そんなゴルフがみられそうだ。

ショット力が試される18ホールズ

ティーショットからグリーンまで多くの罠が待ち受けていて、正確なショット力、パッティング力が求められる。(写真提供:Getty Images)

 スターティングホールからフェアウェイが狭く、フェアウェイウッドやユーティリティでレイアップすることになりそうだ。1番384ヤード・パー4(オフィシャルページは1番180ヤード・パー3)は、ティグランドに立つと、右サイドの木がプレッシャーを与えつつ、約250ヤード先の左サイドにはフェアウェイバンカーが待ち受けている。つまり出だしから右も左もプレッシャーとなるわけで、このバンカーに入らないクラブでティショットをすることが予想される。そうなると、セカンドではミドルアイアン以上を持つことになる。グリーン中央にはマウンドがあり、ピンポジションが左右に振られたりすれば、たちまちパーセーブが難しくなりそうなホールだ。

 折り返しとなる10番は、397ヤードのミドルホール。ティグランドに立つと両側の木がホールを狭く見せるが、約235ヤード付近でフェアウェイは広くなる。馬蹄形の池に囲まれた平坦なグリーンに打ち下ろしていくセカンドショットは、いかに距離感を合わせられるかがポイントだろう。

 17番は、打ち下ろしのショートホール。右サイドを包み込む池が特徴で、グリーンと池の間の芝の刈り込み次第で大きなドラマが生まれるだろう。特に、カップが手前に切られた時は、ボールの回転が止まるまでどうなるか分からない、手に汗握るシーンがみられそうだ。

 左ドッグレッグの最終ホールは、ティショットが打ち上げとなり、左サイドは木とバンカーがガードしている。またグリーン手前の左サイドに大きな木があるのも特徴。グリーンは、縦約40ヤードと長い2段グリーン。ティショットから距離と方向性、ショットの正確性が求められる。フィニッシングホールに相応しいデザインだ。

歴代優勝者

歴代優勝者

★=プレーオフ

開催年 選手名 スコア 賞金総額 優勝賞金
2015 インビー・パーク(韓) 273(-19) $3,500,000 $525,000
2014 インビー・パーク(韓) 277(-11) $2,250,000 $337,500
2013 インビー・パーク(韓) 283(-5) $2,250,000 $337,500
2012 フォン・シャンシャン(中) 282 (-6) $2,500,000 $375,000
2011 ヤニ・ツェン(台) 269(-19) $2,500,000 $375,000
2010 クリスティー・カー(米) 269(-19) $2,250,000 $337,500
2009 アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン) 273(-15) $2,000,000 $300,000
2008 ★ヤニ・ツェン(台) 276(-12) $2,000,000 $300,000
2007 スーザン・ペターセン(ノルウェー) 274(-14) $2,000,000 $300,000
2006 ★朴 セリ(韓) 280(-8) $1,800,000 $270,000
2005 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン) 277(-11) $1,800,000 $270,000
2004 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン) 271(-13) $1,600,000 $240,000
2003 ★アニカ・ソレンスタム(スウェーデン) 278(-6) $1,600,000 $240,000
2002 朴 セリ(韓) 279(-5) $1,500,000 $225,000
加入バナー
オンデマンドキャンペーン
【番組変更のお知らせ(9/22)】LPGA女子ゴルフツアー <中国> アリスポーツ・レインウッドについて
すべての放送予定をみる

LEADER BOARD 最新リーダーボード

スインギング・スカーツLPGA台湾選手権:第3R

1. チ・ウンヒ -10
2. リディア・コ -4
2. ジェニー・シン -4
4. フォン・シャンシャン -3
4. クリスティー・カー -3
    ~  
16. ユ・ソヨン 0
27. アリヤ・ジュタヌガーン 2
33. 野村 敏京 3
69. 上原 彩子 12

詳細はこちら

LPGA女子ゴルフツアーを観るならWOWOW!!

WOWOWゴルフ公式Twitter

WOWOWゴルフ公式Twitter