メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

TOURNAMENT トーナメント情報

TOURNAMENT トーナメント情報

大会紹介

スケジュール一覧へ戻る

ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン

大会見どころ

大会みどころ

リディア・コが大会最年少記録でシーズン初優勝!

昨年、この大会で大会最年少優勝記録を塗り替えたリディア・コ。(写真提供:Getty Images)

 今季のLPGA女子ゴルフツアー第3戦は、「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」だ。12年よりツアーに加わった大会は、オーストラリアのナショナルオープンであり、今年はグレンジGCに舞台を移し行われる。

 15年大会を制したのは、世界ランクNo.1のリディア・コだ。3日目を終わり7アンダーでアリヤ・ジュタヌガーンと並んでトップに立つと、最終日最終組が“10代対決”となり注目が集まった。

 連続3パットでスタートを切ったコだったが、その嫌な流れを続く3番で吹き飛ばす。距離のないミドルのセカンドを直接カップに放り込み、なんとチップインイーグル。一方のアリヤ・ジュタヌガーンは、前半にスコアを3つ落とし優勝争いから一歩後退してしまう。また、一時単独トップに立ったエイミー・ヤンも終盤の15番、17番でボギーを叩き、勝利から遠ざかってしまう。コは8番でセカンドがグリーンオーバーしてボギーとするが、バックナインに入ると10番、12番でバーディ。安定したプレーぶりで、スコアをトータル9アンダーまで伸ばし、2位に2打差をつけ大会最年少優勝記録を塗り替えた。

日を増すごとに固くなるグリーン攻略がポイント!

 今年の舞台となるのは、南オーストラリアの玄関口アデレードにあるグレンジGCだ。1927年開場と歴史のあるリンクスは、フラットな地形に大会が開催されるウェストコースとイーストコースの36ホールズがレイアウトされている。印象的な木々が多く、林間コース風の趣がある美しい景観も魅力。他方で、南極海からの強い風が吹けば、一気に難易度が増す側面も持っている。

 攻略のポイントは、日を増すごとに固くなると予想されるグリーンだ。昨年も同様のリンクスコースで開催された同大会は、「早い段階でメジャー並みのセッティングをやれたのは良かった」と宮里藍が話すほどのコンディション。ミドルアイアン以上では、キャリーでグリーンに止めることが難しく、なかなかピンに寄せることができない。結果、優勝スコアは9アンダー、4日間をアンダーパーで終えた選手は11人とロースコアの試合展開となった。

 ピンに寄せることが難しくなると、長い距離のパットやアプローチの距離感が大切になる。昨年、3日目を終えた上原彩子は「3日目だけど、全然スピードを合わせられていない」、宮里美香も「ショットは良かったが、パットが入らなかった」と、思った以上にグリーンに苦戦していることを吐露。いち早くグリーンのスピードに順応することが上位進出の必須条件となる。

 コースはビーチから近く、フェアウェイを外すと、ところどころ砂地や荒地が待っているのも選手にとっては注意点だろう。例えば、ギャラリーが歩いた砂地にボールが止まれば、ボールにコンタクトすることが非常に難しくなってしまう。昨年も3日目にトップを走るジャン・ハナが、ティーショットを右に曲げ、セカンドをフェアウェイに戻せず、サードショットを引っかけるなどミスを連発。そのミスを取り返そうとしたバンカーショットはピンをオーバーし、再びバンカーへ。結局このホールをトリプルボギーとし、優勝争いから脱落してしまった。

リンクスに相性の良い宮里美香に期待!

リンクスコースと相性のいい宮里美香。12年以来の米ツアー優勝を狙う。(写真提供:Getty Images)

 固く乾いたフェアウェイとグリーン、そして強い風。リンクスコースと同じような環境でゴルフを覚えた宮里藍、宮里美香、上原彩子には期待がかかる。なかでも宮里美香はナショナルチーム時代の08年に「世界女子アマ」に出場し、グレンジGCをプレーしている。4年間在籍したナショナルチームの最終戦で、個人14位タイ(参加144名)、48チームが参加した団体戦では5位に入った思い出深い試合だ。また、昨年のこの大会では4日間をイーブンパーで回り12位タイ、リンクスコースが舞台となった「全英リコー女子オープン」では優勝争いを演じている。12年以来の米ツアー勝利を掴み取って欲しい。

 グレンジGCのフィニッシングホールは、368ヤード(※1)と距離の短いミドルホール(※2)。セカンドはウェッジショットとなるだろうが、グリーンは左右に幅がある上、4つのバンカーに守られている。ピンポジション次第で難易度が大きく変わる、最終ホールに相応しいドラマティックなセティングが可能だ。真夏のオーストラリアで、一際眩しく輝くのは一体誰か。

(※1)コースHP参照。トーナメントでは距離設定が異なることも予測されます。
(※2)コースHP参照。トーナメントでは稀にホール順が変わる場合があります。

歴代優勝者

歴代優勝者

開催年 選手名 スコア 賞金総額 優勝賞金
2015 リディア・コ(ニュージーランド) 283(-9) $1,200,000 $180,000
2014 カリー・ウェブ(豪) 276(-12) $1,200,000 $180,000
2013 申ジエ(韓) 274(-18) $1,200,000 $180,000
2012 ジェシカ・コルダ(米) 289(-3) $1,100,000 $165,000
2011 ヤニ・ツェン(台) 276(-16) $600,000 $90,000
2010 ヤニ・ツェン(台) 283(-9) $600,000 $90,000
2009 ローラ・デービス(英) 285(-7) $500,000 $75,000
2008 カリー・ウェブ(豪) 284(-8) $500,000 $75,000
2007 カリー・ウェブ(豪) 278(-10) $500,000 $75,000
2006 開催なし
2005 開催なし
2004 ローラ・デービス(英) 283(-5) $550,000 $82,500
2003 マイリ・マッケイ(スコットランド) 277(-11) $500,000 $75,000
2002 カリー・ウェブ(豪) 278(-10) $500,000 $75,000
加入バナー
オンデマンドキャンペーン
【番組変更のお知らせ(9/22)】LPGA女子ゴルフツアー <中国> アリスポーツ・レインウッドについて
すべての放送予定をみる

LEADER BOARD 最新リーダーボード

スインギング・スカーツLPGA台湾選手権:第2R

1. チ・ウンヒ -7
1. ジェニー・シン -7
3. ブリタニー・オルトマーレ -6
4. スー・オー -5
5. メーガン・カン -4
5. マデレーン・サグストロム -4
7. ユ・ソヨン -3
    ~  
35. 野村 敏京 2
64. 上原 彩子 6

詳細はこちら

LPGA女子ゴルフツアーを観るならWOWOW!!

WOWOWゴルフ公式Twitter

WOWOWゴルフ公式Twitter