メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

NEWS & COLUMN

最終節、R・マドリードはマラガ、バルセロナは乾エイバルと対戦/リーガ最終節Review

2017.05.22

最終節、R・マドリードはマラガ、バルセロナは乾エイバルと対戦/リーガ最終節Review

WOWOWオリジナル選手名鑑
WOWOWオリジナル選手名鑑

リーガ・エスパニョーラ16ー17シーズンは幕を閉じた。優勝は最終節マラガ戦で2ー0と勝利を挙げたR・マドリード。バルセロナは乾貴士所属のエイバルと対戦し、4ー2と勝利を挙げ、2位。乾は2得点を挙げフル出場し、今季最終戦を飾っている。アトレティコ・マドリードはホームにアスレティック・ビルバオを迎え撃ち、3ー1と勝利。ともにバレンシア州、バレンシア対ビジャレアルの一戦は、ビジャレアルが3ー1と勝利を挙げている。セルタ対レアル・ソシエダは2ー2の引き分け、この結果、R・ソシエダがUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしている。

勝って自力優勝を決めたいR・マドリードはアウェーでマラガと対戦。R・マドリードのスタメンにはDFダニーロヴァランセルヒオ・ラモスマルセロ、中盤にはモドリッチカゼミーロクロース、前線にはイスコベンゼマクリスティアーノ・ロナウドという最終戦の布陣。試合は前半2分、中央イスコが相手のコントロールミスを拾い右足アウトで縦パス、これに抜け出したC・ロナウドがGKを抜き、R・マドリードが先制。マラガも前半21分、左からのFKをサンドロが狙うもケイラー・ナバスの右手一本の好セーブに阻まれゴールならず。さらに前半39分、左サンドロのクロスにケコが頭ですらせるも、惜しくも枠右へ。すると後半10分、右CKに中央S・ラモスが右足で合わせるも、GKが弾く、こぼれ球をベンゼマがつめ、2ー0と優勝へ向けて、2点をリードする。後半45分、エリア内左からゴンサロ・カストロが左足で強烈なシュートを放つもK・ナバスが好セーブ、バーに当たりゴールならず。試合はこのまま終了し、R・マドリードがリーガ優勝を飾っている。

優勝の可能性の残されているバルセロナはカンプ・ノウに乾率いるエイバルを迎え撃つ。バルセロナのスタメンにはセルジ・ロベルト、マルロン・サントス、ウムティティジョルディ・アルバ、中盤にはラキティッチセルヒオ・ブスケツイニエスタ、前線にはメッシルイス・スアレスネイマールと、マルロン・サントスが2戦連続のスタメンを飾る。試合は前半7分、右カパのクロスをファーサイドフリーの乾がワンバウンドのボールを左足で合わせ、エイバルが先制に成功する。攻撃を強めるバルセロナも後半11分、縦パスに抜け出した中央右L・スアレスが中央へ折り返すと、メッシがフリーでトラップからシュートも枠左へ、決定機を逃す。するとエイバルは後半16分、右キケ・ガルシアからの折り返しに中央セルジ・エンリクが浮き球をダイレクトで左へ流し、中央左乾が左足ダイレクトでゴール左上へ叩き込み、エイバルが2点を先制する。バルセロナはその2分後の後半18分、中央メッシから左ネイマールへ、このシュートは右ポスト、跳ね返りがDFに当たりオウンゴールでバルセロナが1点を返す。さらに後半24分、エリア内でJ・アルバが倒され、バルセロナがPK獲得。しかし、これをメッシが失敗。それでも後半28分、左CKにパコ・アルカセルが頭ですらし、ファーL・スアレスが押し込み、同点。さらにその1分後、エリア内でドリブル突破したネイマールが倒されPK獲得、さらに倒したカパは2枚目のイエローで退場、数的有利となる。このPKをメッシが決め、逆転に成功。さらに終了間際、センターサークル内から抜け出したメッシが最後はエリア内中央から右足で収め、4ー2。試合はこのまま、2ゴールを挙げた乾の活躍むなしく、バルセロナが勝利を挙げている。

A・マドリードはホームにA・ビルバオを迎え撃つ。試合は前半8分、中央ティアゴの縦パスに抜け出したグリーズマンが頭で折り返すとフェルナンド・トーレスが右足インサイドで合わせ、A・マドリードが先制。さらに前半11分、右サイドからの縦パスに抜け出した中央左F・トーレスが中へ入り、中央右グリーズマンへ落とすと、左足ダイレクトで左に上がったコケへ、これを頭で折り返すと、F・トーレスが左足ボレー、GK頭上からゴール右上へ収め、2ー0。A・ビルバオも後半26分、中央ムニアインからの縦パスに抜け出した中央右デ・マルコスからの折り返しにウィリアムズが合わせ、DFに当たりコースが変わってゴールへ吸い込まれ、1点を返す。しかし後半44分、右サイドを抜け出したトーマスからのクロスにファーサイドのグリーズマン左足シュートは左ポスト直撃、こぼれ球をアンヘル・コレアがつめ、だめ押し。試合はこのまま、3ー1と、A・マドリードがビセンテ・カルデロンのラストマッチを有終の美で飾った。

ともにバレンシア州の一戦、バレンシア対ビジャレアル。試合は前半開始わずか1分、モントーヤのバックパスミスを右ソルダードが右足でそのまま逆サイドネットに突き刺し、ビジャレアルが先制。バレンシアも後半9分、左ロドリゴからのクロスに中央ナニが頭で合わせ、1点を返す。しかしビジャレアルはその4分後の後半13分、右ジョナタン・ドス・サントスの折り返しをトリゲロスが左足で合わせ、2ー1。さらに終盤の後半43分、中央アドリアン・ロペスからのパスに抜け出した中央左サンソーネがゴール左へ収め、だめ押し。ビジャレアルが3ー1と勝利を奪っている。

セルタ対R・ソシエダの一戦は、後半9分、自ら奪ったPKをイアゴ・アスパスが決め、セルタが先制。R・ソシエダは終盤の後半37分、右からのクロスをオヤルサバルがトラップから落ち着いて流し込み、同点。それでも後半45分、左から切り込んだユルセアがたたき込み、セルタが再びリードを奪う。しかし終了間際、CKにフアンミが頭で合わせ、R・ソシエダが同点に追いつき、2ー2と両者勝敗を分けている。

編集部が選ぶ!スーパープレイベスト5

本サイトの編集部が選ぶ、視聴者の皆様に是非観て欲しい今節の「スーパープレイベスト5」。加入者限定の無料番組配信サービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」では16-17シーズンもリーガを配信します!見逃したプレーの数々はWOWOWメンバーズオンデマンドでチェックしよう!
詳細はこちら

第1位

マラガ対R・マドリード、C・ロナウドのゴール。相手のコントロールミスを拾った中央イスコが右足アウトで縦パス、これに抜け出したC・ロナウドがGKを抜きゴールへ収めている。イスコのパスも絶妙だが、これに抜け出すC・ロナウド、決定力が素晴らしい。C・ロナウドの真骨頂とも言えるゴール。

第2位

バルセロナ対エイバル、乾の2ゴール。1点目、右カパからのクロスにファーサイド乾が左足で合わせている。クロスはワンバウンドして難しくなっているが、軽く見事に合わせている。さらに2点目、右サイドのキケ・ガルシアからの折り返しに、中央S・エンリクが浮き球をダイレクトで左へ流し、エリア外から走り込んできた中央左乾が左足ダイレクトインステップでゴール左上へ決めている。両方のゴールともに左足だが、シュートの正確さが素晴らしい。とくに2点目はゴール左上にきっちり決めている。攻撃に人数をさくバルセロナの嫌なところに走り込んでいる運動量も素晴らしい。

第3位

バルセロナ対エイバル、GKヨエル。バルセロナの再三再四訪れる決定機を見事にストップしていたセービング、集中力が素晴らしい。メッシのPKも止めている。

第4位

A・マドリード対A・ビルバオ、F・トーレス2点目。右サイドカラスコからの縦パスに抜け出した中央左F・トーレスが中へ入り、中央右グリーズマンへ落とすと、グリーズマンは左足ダイレクトで左に上がったコケへ、これを頭で折り返すと、F・トーレスが左足ボレー、GK頭上からゴール右上へ収めている。縦パスに抜け出して中へ切り込みスペースを作り、動き直してコケからの折り返しに合わせている。さらに左足のボレーはGK頭上のコースを狙って打っている。F・トーレスの動き出し、シュートが素晴らしい。

第5位

A・マドリード対A・ビルバオ、F・トーレスの1点目の崩し。中央ティアゴの縦パスに抜け出したグリーズマンが頭で折り返すとF・トーレスが右足インサイドで合わせている。ティアゴの浮かせた縦パスも素晴らしいが、走り込んで頭で折り返しているグリーズマンも素晴らしい。

Photo by Getty Images

【Reviewバックナンバー】

【関連リンク】
試合観戦を楽しむリーガ・エスパニョーラ16-17シーズン選手名鑑!!

PAGE UP