メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • TOP
  • ニュース&コラム一覧
  • CLとの2冠に突き進むR・マドリードが前半戦で敗れたセビージャとの正念場の一戦/リーガ第37節Preview

NEWS & COLUMN

CLとの2冠に突き進むR・マドリードが前半戦で敗れたセビージャとの正念場の一戦/リーガ第37節Preview

2017.05.12

CLとの2冠に突き進むR・マドリードが前半戦で敗れたセビージャとの正念場の一戦/リーガ第37節Preview

WOWOWオリジナル選手名鑑
WOWOWオリジナル選手名鑑

泣いても笑っても残り2節となったリーガ・エスパニョーラ。2強による優勝争いは、首位バルセロナと1試合消化が少ないながら同ポイントで並ぶ2位レアル・マドリードと、両者一歩も譲らぬせめぎ合いを繰り広げている。一方、チャンピオンズリーグ(CL)の本戦ストレートインを巡る争いは、3位アトレティコ・マドリードが4位セビージャに5ポイント差を付け、今節にも決着が付く形となっている。

そんな中で迎える今節は、R・マドリードがセビージャをホームに迎えての上位対決が、最大の注目カードとなる。また、そのライバルであるバルセロナとA・マドリードは、既に残留を決めているラス・パルマスならびにベティスとそれぞれアウェーで対戦する。

一方、ヨーロッパリーグ(EL)出場の可能性が無くなったエイバルは今節白星を収められなければ降格が決定するスポルティング・ヒホンを、10位以上が確定したエスパニョールは11位以下が確定したバレンシアをそれぞれホームに迎える。

なお、CL準決勝で首都決戦中のR・マドリードとA・マドリードにとって今節は、2nd Legから中3日の連戦となる。さらにR・マドリードは、延期分の第21節のセルタ戦が中2日で控える厳しい日程となっている。

CLとの2冠に突き進むR・マドリード、前半戦で敗れたセビージャを迎えて正念場の一戦

R・マドリードはアウェーでの連戦となったこの1週間、リーガ前節はグラナダに圧勝(4ー0)した一方、CL準決勝2nd LegはA・マドリードに惜敗(1ー2)した。この結果、通算26勝6分3敗としたリーガでは、1試合消化が少ない中で首位バルセロナと同ポイントの2位をキープした。一方、ダービー連勝こそ逃したCLだが、ホームで先勝(3ー0)した1st Legのリードを守って決勝進出を果たし、史上初の連覇に王手を掛けた。

ホームに戻っての今節は、中2日で行われる延期分の第21節のセルタ戦を見据えての選手起用となる。だが、残り3試合で最も難しいチームが相手となるだけに、故障中のMFベイルの代わりに絶好調のMFイスコが入る現時点でのベストメンバーが、A・マドリード戦と同様に採用されると予想されている。唯一不透明となっているのはDFカルバハルが負傷中の右サイドバックで、DFダニーロに代わりDFナチョ・フェルナンデスが起用される可能性がある。

対するセビージャは前節、ホームでレアル・ソシエダとの上位対決にドロー(1ー1)止まりとなり、ここ2試合白星無し。この結果、通算20勝9分7敗となったチームは、4位確保には王手を掛けたものの、3位A・マドリードには5ポイント差を付けられ、来シーズンのCLには予選プレーオフから出場する可能性が極めて高くなった。

アウェーに移っての今節は、累積警告のMFサラビアが欠場するが、反対に出場停止明けのMFホアキン・コレアの復帰が予定されている。また、MFイボーラおよびDFマリアーノの出場は回復次第となっている。一方、最近は4バックが使用されて来たシステムは、3バックに変更される可能性がある。

今シーズンを盛り上げて来た強豪同士の対戦だが、前回はセビージャがR・マドリードのお株を奪う試合終盤の連続ゴールで逆転勝利(2ー1)を収めたのが記憶に新しい。とはいえ、今回は殆どの要素で優位に立っているうえ、ホームで戦えるR・マドリードとしては、きっちりとリベンジを果たして5シーズン振りの優勝にさらに前進したい。一方、日程面を除くと劣位が否めないうえ、アウェーではここ6試合未勝利のセビージャだが、3位の座を奪回するためには残り2試合に全勝するしかないだけに、最終節に希望が繋がる試合に期待したい。

Photo by Getty Images

【第37節のプレビュー】

【関連リンク】
試合観戦を楽しむリーガ・エスパニョーラ16-17シーズン選手名鑑!!

PAGE UP