25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

Excite Match エキサイトマッチ~世界プロボクシング スペシャルページ

コラム

バックナンバーを開く▼

その他

バックナンバーを開く▼

その他

「必ず勝つ!」 日本人初、アメリカ本土での初防衛戦に臨む下田昭文選手に独占インタビュー!
注目の一戦をWOWOWで独占生中継!

日本時間7月10日(日)、WBA世界S・バンタム級チャンピオン下田昭文(帝拳)の初防衛戦がアメリカ・アトランティックシティで行われる。試練のアメリカ本土での初防衛戦に臨む下田選手に、WOWOWが独占インタビューを行った。


ボクシングを始めたきっかけは?
中学の頃、ボクシングが流行ってました。それで、よくボクシングごっこをやっていて、高校受験のストレス発散のような感じで始めました。
当時好きだった選手は?
中学の時はあまり観ていませんでした。子供の頃は、辰吉丈一郎選手とか、畑山隆則選手などの試合は観た記憶があります。特に憧れの選手はいませんでした。
これまでのボクシング人生でのターニングポイントは?
2度の負けと1度の引き分けです。
最初の負けはいつですか?そこで何を気付いたのでしょうか?
当時12連勝していて、13戦目で負けました。練習は追い込んでちゃんとやらなければいけないなと思いました。
その後、日本タイトルを獲った後、2敗目を喫しましたが。
自分のボクシングがすごく雑で、もっと真面目に謙虚にやらなければならないと感じました。
引き分けた試合ではどうでしたか?
2敗目の次の試合で、相手は黒人選手。やったことがないリズムで、引き分けになった瞬間に海外で練習しないとまずい、全てを賭けなければいけないと思いました。
海外に行って変わったことは?
精神的に強くなったと思います。
そこから世界タイトルを獲るまでの過程はどうでしたか?
全部を賭けて一生懸命やって、やれることを100%やろうと思い始めました。
理想のチャンピオン像は?
一度の人生ですし、ボクシングほど夢中になれるものは他にないと思うので、ボクシング界に名前を刻めるようなチャンピオンになりたいです。
過去のチャンピオンで理想としている選手は?
シュガー・レイ・レナードのボクシングスタイルはすごく好きです。
どこに憧れますか?
ボクシングのいいところが詰まっている人だと思います。スピードがあって足が使えるし、見ていて楽しい、華もあるし、かっこいいなと思います。恐れ多いのですが、自分のトランクスには、初めての敗戦の後から「SUGAR」という刺繍を入れています。
現役の選手で目標とする選手はいますか?
お手本にしやすいのはマニー・パッキャオです。同じサウスポーですし、頭を振って、手数も出して、打ってサイドに回るボクシングスタイルはとても勉強になります。
今回の初防衛戦の対戦相手リコ・ラモス選手の印象は?
スピードがあって遠い距離からでも一発、二発と打ってくる。一発もらったら危ないかなと思っています。
防衛戦への意気込みは?
日本人初のアメリカ本土での防衛戦になるのでとても楽しみです。恐怖感もありますが、練習にもいい集中力で臨めているので、何があっても必ずやりきろうと思っています。必ず勝ちたいです。
ファンにどんなところを見て欲しいですか?
世界戦の前あたりから冷静に戦うことを意識しているので、スピードと本能的な勘みたいなところです。一戦一戦に人生を賭けているので、そういう強い気持ちも感じて欲しいです。
初防衛戦をアメリカでやることについては?
緊張する部分もありますし、ワクワクして胸が熱くなる感じが半分半分です。本場アメリカで自分のボクシングを見せて、東洋にも日本にもすごいのがいるんだと思わせたいですね。
日本ボクシング界を引っ張っているという思いはありますか?
自分が先頭を切れるのなら、いい結果を残したいですし、これからの日本のボクシングのためにもしっかりやりたいです。日本のボクシング人気を上げたいという気持ちも強いので、一生懸命やりたいです。
これからの目標は?
一つ一つ決められたことをクリアして、世界に誇れるような選手になりたいです。チャンスがくればビッグネームの選手ともやってみたいです。
今後のボクシング人生については?
少しでも長くいいボクシング人生を歩みたいと思っています。今はボクシング以外のことは全く考えてないので、一日一日を悔いのないようにやりたいと思います。

大注目の一戦「下田昭文vsリコ・ラモス」戦は、WOWOWにて独占生中継でお届けする!


Written by ボクシングライター原功

写真:下田昭文

▲ページTOPへ

blank