25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

Excite Match エキサイトマッチ~世界プロボクシング スペシャルページ

コラム

バックナンバーを開く▼

その他

バックナンバーを開く▼

コラム / 海外ボクシングコラムVol.12

体重の壁を破った男たち ~複数階級制覇の記録~
史上2人目の「6冠」を狙うパッキャオ

11月13日(日本時間14日)、アメリカ、テキサス州アーリントンのカウボーイズ・スタジアムでマニー・パッキャオ(フィリピン)対アントニオ・マルガリート(メキシコ)のWBC世界スーパー・ウェルター級(約69.8キロ以下)王座決定戦が行われる。すでに5階級で王座を手にしている現WBO世界ウェルター級王者パッキャオが勝てば、史上2人目の6階級制覇となる。

屈強な男たちが体重無差別で戦っていたボクシングに、「より公平な条件のもとで戦うべき」という考えから階級制が導入され、現在のようなチャンピオン制度が定着したのは120年以上も前のこと。最初は単純に重いヘビー級と軽いライト級に分けられ、次いで中間のミドル級がつくられたという歴史がある。

現在は最軽量のミニマム級(105ポンド=約47.6キロ以下)から最重量のヘビー級(200ポンド=約90.7キロ以上無制限)まで、17階級に区分されている。

1950年代までは階級が10に満たなかったため最多でも3階級制覇に留まっていたが、以後、クラスの増設にともなって記録も急上昇した。以下は2010年9月30日時点の複数階級制覇記録である。

(1)6階級=オスカー・デラ・ホーヤ(アメリカ)
(2)5階級=シュガー・レイ・レナード(アメリカ)、トーマス・ハーンズ(アメリカ)、フロイド・メイウェザー(アメリカ)、マニー・パッキャオ(フィリピン)
(3)4階級=ロベルト・デュラン(パナマ)、パーネル・ウィテカー(アメリカ)、レオ・ガメス(ベネズエラ)、ロイ・ジョーンズ(アメリカ)

上記9人の記録は、いずれも1988年以降に達成されたものである。

11月のマルガリート戦でパッキャオが勝てばデラ・ホーヤに次いで史上2人目の快挙となるわけだが、デラ・ホーヤが10年で13キロ増量したのに対し、パッキャオは12年で19キロの増量となる。これはジョーンズの15キロ、ハーンズやレナードの13キロをも大きく上回る。パッキャオの戴冠がフライ級(50.8キロ以下)から始まっていることを考えると驚異的な数字といえよう。

さらに加えるならば、デラ・ホーヤはじめ他選手の多くが1階級ずつ順に上げていったのに対し、パッキャオは4つの"飛び級"をしている。よって現時点でも事実上の9階級制覇と解釈することもできるわけだ。

身長169センチの31歳は、あらゆる面で規格外の「スーパーマン」といえる。


Written by ボクシングライター原功

©NAOKI FUKUDA

▲ページTOPへ