25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

Excite Match エキサイトマッチ~世界プロボクシング スペシャルページ

コラム

バックナンバーを開く▼

その他

バックナンバーを開く▼

コラム / 海外ボクシングコラムVol.115

<世界のトップボクサー>
ドネアを倒したカリブの豪腕
ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)I

去る10月18日、WBA世界フェザー級王者だったウォータースは、アメリカはカリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)から2度のダウンを奪って6回TKO勝ち。自力で「スーパー王者」の地位に駆け上った。この勝利により他団体王者たちとの統一戦プランが浮上するなど、ウォータースの視界は大きく開けてきた。

ジャマイカと聞いて多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、五輪連覇の短距離走者ウサイン・ボルトであろう。ボクシングファンならば73年1月に首都キングストンで行われたジョージ・フォアマン(アメリカ)対ジョー・フレージャー(アメリカ)の世界ヘビー級戦や、マイク・タイソン(アメリカ)に王座を明け渡したトレバー・バービック(ヘビー級)や3階級制覇のマイク・マッカラムらの出身地として記憶しているはずだ。

ウォータースは、そのジャマイカから誕生した新たなスターといっていいだろう。身長こそフェザー級では平均的な170センチだが、両手を広げたリーチは185センチもある。その体格を利して自身の急所をブロックし、攻めては「斧」と呼ばれる強打で相手を豪快に倒しまくっている。中量級の核になる可能性を秘めた逸材だ。

ウォータースは1986年1月4日、ジャマイカの北西部モンテゴベイで生まれた。父親のジョブ・ウォータースは86年~91年にかけて19戦12勝(3KO)7敗の戦績を残したフェザー級の元プロボクサーだった。タイトルには縁がなかったが、元世界王者のベルナルド・ピニャンゴ(ベネズエラ)や、六車卓也(大阪帝拳)と世界王座決定戦で拳を交えたアサエル・モラン(パナマ)らに勝った実績を持っている。敗れはしたものの、のちの世界王者ラファエル・ルエラス(アメリカ)やケビン・ケリー(アメリカ)とも拳を交えている。そんな環境下で育ったウォータースがボクシングに興味を抱いたのは4歳のときだった。ジュースの紙コップをグローブに見立てて小さな拳に着けて遊んでいたのだという。

のちの世界王者が本格的にボクシングにのめり込むようになったのは、十代の半ば過ぎのことだった。16歳のとき、父親とクリケット観戦に行ったウォータースは、ひとりの男が路上で対戦者を募っている場面に出くわした。血気盛んなティーンエイジャーはその男に挑戦し、相手のパンチをことごとく空転させてみせたという逸話が残っている。前後してウォータースは弟とボクシングで遊んでいる際に声をかけられ、それを機にジムに通い始めることになる。ウォータースはふたりの弟と一緒にトレーニングを積むことになるが、当時は弟のオレインの方がセンスで上を行っていたと父親のジョブは回顧している。


Written by ボクシングライター原功

ニコラス・ウォータース

ニコラス・ウォータース

©NAOKI FUKUDA

▲ページTOPへ