25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ

※My番組登録はこちらから

ボクシング専門誌「ボクシング・ビート」(毎月15日発売)で連載中の「浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ」を掲載!
浜田さんの選手分析を読んでから実際の試合をチェックすると、ボクシングの楽しみ方がますます広がります!

ブライアン・バスケス
BRYAN VASQUEZ
(WBA世界S・フェザー級王者)

内山戦が待たれる暫定王者は
全勝でもこわさのない技巧派だ


2012年ボクシング・ビート
10月号掲載

レギュラー王者内山高志との対戦が年末にも計画される暫定王者。昨年11月、地元でサントス・ベナビデス(ニカラグア)に大差判定勝ちして空位の暫定王座を獲得。今年7月にはメキシコでホルヘ・ラシエルバ(メキシコ)に9回TKO勝ちし初防衛に成功。05年にプロ・デビュー以来29戦全勝負け知らず(15KO)。サンホセ出身、25歳。165センチ。


暫定チャンピオンになった試合は、内山―ソリス戦が行われる前ですから、あの時点で同じ階級に暫定王者が2人もいたわけで、WBAもおかしなことをしますね。
それはそれとして、このバスケスですが、体格的にも恵まれているほうではない。でも足の動きは速いし、パンチはいろいろな種類のパンチを打つ。ボディー、顔面、そしてストレート、フック、アッパーと。何が得意とか、この一発はさすがというようなことではないんですが、その時その時で、必要なパンチを打つ。決まったパターンではないですね。連打系ですが決まったコンビネーション・ブローということではない。


ま、普通なら全勝で若さもあってとなれば今後を期待されるところですが、これから伸びるかというと、そうは思いませんね。特に飛び抜けたところはなく、こわさはない。動きが速い、足が速いのは確かで、それが相手にはやりにくいでしょうが、といって、パンチ力はある方ではないし、体力面でもさほどではない。
この選手は力の選手ではなくて、動きが速いので、相手にすればうまく運びたいのにクリンチされるとか、噛み合わないところがある。これが、この選手が前面に出すところですね。
タイプを言えば、右のボクサーファイター。ただスイッチもよくします。自然なかたちで、2~3割ぐらいはサウスポーに変えています。いま噛み合わないと言いましたが、相手がやりにくくなるような状態を常に作ろうとする。サウスポーへのスイッチもそのひとつですね。
きれいなボクシングではない。雑といえば雑なところもありますが、それがむしろ幸いして相手にはやりにくくなる。空振りしたらすぐクリンチに行ったり、クリンチの時にはいろいろ打ったりもする。
けっこう小細工するからまたやりにくいことになる。動きが速い分、そして一点に留まっていない分、相手にすれば当てにくいことは当てにくい。こわさがあるわけではないものの、やりにくさはあるという選手ですね。


さほど打たれているわけではないですが、打たれないのは足がよく動くからで、一気に離れて、自分も届かないけれど、相手からも届かない。この動きは、ピョンピョンはねているだけで、攻撃に繋がる動きではない。本人もそこからは打ちにくいけれど、相手も当てにくいと。
そして休み方がうまいところがありますね。きれいではないけれど、うまく休む。それほどスタミナがある方でもないのですが、ただ、うまく休むという点では試合巧者ではありますね。


この選手は相手がやりにくいようにと変則を通しているところがあります。逆にこのボクシングをまとめてきれいに戦おうとすると、相手にとってもやりやすくなってしまいますから、今のやり方をそのまま生かしたほうがいいでしょうね。
内山との試合について考えてみますと、確かに脅威ではない、ただピョンピョン動かれて、当たらなくて焦るということはあるかもしれない。
このバスケスが打ち合いに乗ってこないという点でのやりにくさは考えられます。内山としては、じっくり構えるにしても、打ちながらということが大事です。内山が追いかけて行って、バスケスが動いて2、3発打ってはクリンチという噛みあわない試合になる可能性もありますからね。


とにかく内山としては焦らないこと。ジワリジワリとロープ、コーナーに詰めて、あの動きを狭めるということが大事です。そうすると、バスケスはパンチがあってこわいということでもない、クリンチにきても、体力があるのでもないから、内山はこれを振りほどいて打つこともできる。内山の強打を直撃されて立っていられるほど、タフだとも思えません。



ボクシング・ビート2012年10月号より

※番組の選手表記と一部異なる場合がありますが「ボクシング・ビート」誌の掲載内容をそのまま掲載しておりますので、ご了承ください。

「ボクシング・ビート」連載中 世界トップ選手ウォッチ
新着記事

バックナンバー
2017を開く▼

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

バックナンバー
2014を開く▼

バックナンバー
2013を開く▼

バックナンバー
2012を開く▼

バックナンバー
2011を開く▼

バックナンバー
2010を開く▼

バックナンバー
2009を開く▼

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!