25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ

※My番組登録はこちらから

ボクシング専門誌「ボクシング・ビート」(毎月15日発売)で連載中の「浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ」を掲載!
浜田さんの選手分析を読んでから実際の試合をチェックすると、ボクシングの楽しみ方がますます広がります!

サウル“カネロ”アルバレス
SAUL ALVAREZ
(WBC世界S・ウェルター級チャンピオン)

メキシコ・米国で人気の出そうな正攻法のボクシングが特徴

2011年ボクシング・ビート
11月号掲載

2011年3月、マシュー・ハットンに3-0判定勝ちで空位のWBC世界S・ウェルター級王座獲得。6月ライアン・ローズ(12回TKO)、9月アルフォンソ・ゴメス(6回TKO)と2度防衛。メキシコ・ハリスコ州生まれ、21歳。38勝28KO負けなし1分。身長175cm。兄リゴベルトは同級の前WBA暫定王者。


21歳とは思えない落ち着き、安定したボクシングをしますね。性格もそうでしょうけど、スタイルも正攻法です。駆け引きするわけでもなく、正面から攻める、そして相手がきたらガチッと受け止めて、そこで打ち合うというやり方ですね。


タイプは攻撃重視の右ボクサーファイターですね。相手が打ってきた時には、真っ直ぐ下がってはいけないとか、いろいろあるんですが、この選手は真正面で受け止めるところがある。だから相手に馬力があると自然にロープに詰まる場面がある。そこで打ち合って相手を止めるというやり方をしますね。ディフェンスで止めるのではなく、攻めて相手を止めるというやり方。


得意なのは左フックと左アッパー。パンチは左右ともにあり、KO率も高い。ショートでもロングでも、同じような打ち方というか、両方ともうまい、スピードあるパンチを打ちますね。


身長・リーチともこの階級では特に長いとは感じません。体型的に特別恵まれているのでもない、といって、潜り込んで打つというのでもない。アップスタイルのファイトが好きな選手です。すると相手からも届く距離なので、この選手のボクシングは結構体力を使うところがある。


それでも、チャンピオンになったら人気の出そうな、人を惹きつけるものがありますね。決して鮮やかなボクシングではないのですが、KOできなかった試合でも。ボクシングを変えず、常に攻撃しようとしていた。KOを狙ってということでもない。相手が強いから、かわそうとかはしない。正攻法のボクシング、だからファンを惹きつけるんですね。


最新のゴメス戦では、左ガードを下げて戦うところがありましたけど、元々はガードをがっちりと上げて、ブロックする選手ですね。よけるというよりはブロックして、そこで打ち合う。左のパンチの中でも、一発目に出す左フックなどは大きく踏み込んで大きく振る。当たれば一発で倒せるパンチです。


この左は得意とするところですが、相手からすると、左足で入ってきて、そこで一回踏み込むので、真正面からくると思って構えてしまうところを、円を描いて右のガードを破って入ってくる。相手にはフェイント気味にもなってくるところがありますね。普通左足で入ったらすぐ右ストレートを打つのですが、この選手は入ったと思ったらまた左を振り回す。これが特徴ですね。右を出すなら相手もまだ予測できるんですが、あの姿勢で左がくるから、予期せぬパンチになるんですね。それは、フェイントとして意識しているわけではないと思いますがね。


すでに地元メキシコではスター、アメリカでもスターになる可能性を秘めています。アメリカやメキシコで人気の出るようなボクシングではあります。この間のゴメス戦では左ガードを下げたり。メイウェザーの物まねのようなことをやった。もうひとつ、ディフェンス力を見せようとするところも。あれは、本人がやるべきじゃない。この選手のディフェンスはブロック主体で、そしてディフェンスしっぱなしでなくて、打って相手を止めるというやり方をしますから。先日の試合では、相手が入ってきた時に、わざと引き寄せておき、右アッパーを突き上げてというやり方もしていたんですが、色気というか、力の差を見せつけようとしたんですね。


この若さですから、今後チャベス・ジュニアとやる話も出てくると思います。両方とも打ち合いをしますから、人気カードですね。おそらくすぐの対戦はないと思いますが、今やれば、両方とも攻撃主体の選手なので、どちらかが潰れるような結果になる。ま、しかし昔のレナード、デュラン、ハーンズらはみな対戦しましたからね。潰れるような試合をしても、実際には潰れなかった。


ボクシング・ビート2011年11月号より

※番組の選手表記と一部異なる場合がありますが「ボクシング・ビート」誌の掲載内容をそのまま掲載しておりますので、ご了承ください。

「ボクシング・ビート」連載中 世界トップ選手ウォッチ
新着記事

バックナンバー
2017を閉じる▲

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

バックナンバー
2014を開く▼

バックナンバー
2013を開く▼

バックナンバー
2012を開く▼

バックナンバー
2011を開く▼

バックナンバー
2010を開く▼

バックナンバー
2009を開く▼

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!