25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

みどころ・試合内容 / 2013年11月10日 放送

みどころ・試合結果

※マイ番組登録はこちらから

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
  • みどころ

神の左 VS 伸び盛りの23歳
足をつかう挑戦者をキャッチできるか

2年前の戴冠後、圧倒的な強さで4度の防衛を重ねている山中のV5戦。伸び盛りの23歳ゲバラを挑戦者に迎え、今度も「ゴッド・レフト(神の左)」が炸裂するのか。

山中は10月11日に31歳の誕生日を迎えたが、いまがまさに絶頂期といっていいだろう。右ジャブで相手を煽り、距離とタイミングを合わせて繰り出す左ストレート一閃。相手はストンと真下に落ちるか、大きく後方に弾かれてキャンバスに腰を落とす。8月のホセ・ニエベス(プエルトリコ)戦のように、山中の左には肉体的なダメージだけでなく精神的にも闘争心を断ち切るほどの威力がある。

「最近は右のつかい方も上手くなりましたよ」と山中自身が話すように、セットアップも巧みだ。間合いを外す、あるいは相手を追い詰める足もある。「自分の最大の武器は足だと思っています」と山中は自己分析している。乗りに乗っている王者は「(ゲバラは)バックステップやサイドステップの多い選手ですが、最後には倒してみせます」と、KOを宣言している。そのためには左に繋げる右と追い足がカギになりそうだ。21戦19勝(14KO)2分。

ゲバラは09年11月にプロデビューした23歳で、戦績は19戦18勝(6KO)1敗。世界挑戦は昨年12月のIBF王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)戦に続いて2度目となる。サンタ・クルス戦は12回判定負けだったが、ゲバラ戦直前の12戦で全勝11KOの王者とフルラウンドを戦ったことは称賛に値するといってもいいだろう。山中も分析しているように、ゲバラは足をつかいながらリングを丸くつかう右のボクサーファイター型で、相手にとっては捕まえにくいタイプといえる。危機察知能力に優れた賢い選手といっていいだろう。「攻撃力はそれほどでもない」と山中はいうが、相手が入ってくるところに斜め下から合わせる左アッパーや、体を密着させた状態で突き上げるアッパーは要注意といえる。

一発で勝負が決する競技だけに予断は禁物だが、よほどのアクシデントがない限り山中の防衛は堅いとみる。焦点は「ゴッドレフト」が当たるかどうか、当たるとしたらいつ、どのタイミングなのか、という点に絞られる。戴冠試合以来となる右構えの相手との試合だが、山中は「相手がサウスポーだと左ストレートが被せ気味になってしまうが、対右だとまっすぐに打てるので威力は100倍」と話す。今回も1ラウンドから目の離せない試合になりそうだ。

 


Written by ボクシングライター原功



[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]