メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

亀海喜寛が4階級制覇王者コットと対戦
8/26 WBO世界スーパー・ウェルター級王座決定戦 2017.08.25

 元日本スーパー・ライト級王者で東洋太平洋ウェルター級王座を獲得したこともある亀海喜寛(34=帝拳)が26日(日本時間27日)、アメリカのカリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでWBO世界スーパー・ウェルター級王座決定戦に臨む。相手は4階級制覇の実績を持つ世界的なビッグネーム、ミゲール・コット(36=プエルトリコ)だ。オッズは9対2でコット有利と出ているが、亀海は「コットは大好きな選手のひとりだが、試合が決まったからには勝つことしか考えていない」と意気込みを口にしている。



世界戦だけで24戦を経験しているコット

 1952年に白井義男氏が世界フライ級王者になってから65年、日本は80人以上の世界王者を輩出したが、これほどのビッグネームと日本人ボクサーが世界戦を行うのは稀有なことといえる。のちに4階級制覇を成し遂げる「石の拳」ロベルト・デュラン(パナマ)にガッツ石松(ヨネクラ)や高山将孝(ピストン堀口)が挑んだり、のちに3階級制覇を達成するアレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)にロイヤル小林(国際)が挑戦したことはあったが、それはデュランやアルゲリョが世界的なスター選手になる前のことだった。ひょっとしたら、今回のように実績も知名度も十分にある世界的なスター選手と日本人選手が対戦するのは、8連続KO防衛中だった「黄金のバンタム」エデル・ジョフレ(ブラジル)にファイティング原田(笹崎)が挑んだとき(1965年)まで遡らなければならないのかもしれない。
 いや、軽量級(バンタム級)のジョフレ対原田が日本で開催されたことを考えれば、ボクシングの本場アメリカで行われる中重量級のコット対亀海は、それ以上に国際的な注目ファイトと位置づけることができるかもしれない。
ただし、今回のカードを客観的に見た場合、現時点での主役がコットであることは間違いないところだ。コットは2000年シドニー五輪に出場後、01年2月にプロデビュー。元世界王者や世界挑戦経験者らを下しながら力をつけ、04年にはWBO世界スーパー・ライト級王座を獲得した。6度防衛後、王座を返上してウェルター級に転向し、06年にWBA王座を手に入れて2階級制覇を成し遂げた。4度防衛後、体格で勝るアントニオ・マルガリート(メキシコ)に11回TKO負けを喫して初の挫折を味わったが、7ヵ月後にはWBO王座で返り咲きを果たした。
 その後、マニー・パッキャオ(フィリピン)やフロイド・メイウェザー(アメリカ)といったスーパースターとも拳を交えたが、いずれも激闘のすえ敗れている。この間、スーパー・ウェルター級でWBA王座を獲得し、かつて苦杯を喫したマルガリートにも雪辱を果たしている。14年、WBC世界ミドル級王者のセルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)を10回終了TKOで下して4階級制覇を達成。初防衛戦では元王者ダニエル・ギール(オーストラリア)を4回TKOで一蹴した。2度目の防衛戦でサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に敗れ、今回がそれ以来1年9ヵ月ぶりのリングとなる。戦績は45戦40勝(33KO)5敗。このうち24試合が世界戦(20勝16KO4敗)だ。
 スーパー・ライト級で初めて世界王座を獲得してから13年が経とうとしているわけだが、当然、そのころとは体格も戦い方も変化している。亀海は「以前はディフェンスに優れ、パンチもスピードもあって決定力があったが、階級を上げてからはワンパンチの威力を維持しながら慎重に戦うようになった」と分析している。そのうえで「攻防兼備で穴が少ない選手」と話している。



頑丈な体とハートが身上の亀海

 これに対し、亀海は全日本選手権を制するなどアマチュアを経て05年にプロデビュー。10年に日本スーパー・ライト級王座を獲得し、初防衛戦後には元世界ライト級王者のホセ・アルファロ(ニカラグア)にも6回KO勝ちを収めた。翌11年にはアメリカ進出を果たし、これまで本場で8戦を行っている。結果こそ3勝(3KO)3敗2分だが、元世界王者や世界ランカーら強豪との手合わせが多く、いずれも激闘だった。特に昨年4月と9月のヘスス・ソト・カラス(メキシコ)戦は打撃戦で、分のいい引き分けに終わった初戦は年間最高試合に選ばれたほどだった。再戦では亀海が力の差を示して8回TKO勝ちを収めている。こうした実績と内容が評価され、今回のコット戦が実現したといえる。戦績は32戦27勝(24KO)3敗2分。KO率は75パーセントで、コット(73パーセント)をわずかに上回っている。
 もともと亀海はディフェンスに長けた攻防兼備型だったが、階級を上げるにつれて攻撃型に変貌しつつある。そのベースにあるのは頑丈な体と強靭なハートだ。亀海自身「気持ちの強さには自信がある」と話している。

 客観的に試合を展望するならばコット有利は動かせないところといえる。フレディ・ローチ・トレーナーに師事してからは足をつかいながら左ジャブを突いて出入りするボクシングを会得しており、リスクを小さく抑えるために今回もその戦い方を用いる可能性が高い。身長で5センチ、リーチで10センチ勝る亀海とすれば体格の利を生かして馬力で押し込みたいところだが、コットのパンチ力を考えれば、その作業がいかに難しいかということも十分に分かっているはずだ。それでも亀海は積極的に攻めていく必要があるだろう。「いかに最初から自分のペースに持っていくかということが大事。そのうえで中盤から終盤にかけて仕掛けていかないといけないと思う」と亀海は話す。
 日本のボクシング史に新たな1ページが刻まれるのかどうか。コット対亀海に要注目だ。



Written by ボクシングライター原功



◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★「生中継!エキサイトマッチ 世界初挑戦!亀海vs4階級制覇王者コット」
【放送日】8月27日(日)午前11:00~[WOWOWライブ]※生中継

WBO世界S・ウェルター級王座決定戦
ミゲール・コット(プエルトリコ)vs亀海喜寛(日本/帝拳)





Getty Images

新着記事

バックナンバー
2017を閉じる▲

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

2010~2015年まで

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!