新着番組
連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~

連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~
放送予定日

10月13日(土)スタート(全10話)[第1話無料放送] WOWOWプライム  毎週土曜 夜10:00

日本版「コールドケース」待望の第2シーズンがパワーアップして登場!吉田羊をはじめとする豪華キャストが演じる捜査チームが未解決事件の隠された真実を掘り起こす。

 未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く「コールドケース」はアメリカで全シーズンの平均視聴者数が1000万人を超える人気ドラマ。その「コールドケース」を、2016年、WOWOWが「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」として、アメリカ国外としては世界初となる制作と放送を手掛けた。そしてついに10月13日(土)から、待望の第2シーズンを放送する。キャストは、神奈川県警捜査一課の中でチームを牽引する主人公の女性刑事役を吉田羊が務め、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、そして三浦友和という前シーズンの主要メンバーが再結集。シーズン1よりもさらにスケールアップした大規模なロケーションが敢行され、日本ならではの時代感や重厚な事件テーマに注目が集まっている。前シーズンでも話題となったレギュラー陣と豪華ゲストとの競演にも期待が高まる。
 また本作ではWOWOWのドラマ史上初となる全編8Kによる収録を行ない、さらに全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作。最新技術とフィルムの併用で、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を圧倒的な映像美で表現している。

<ストーリー>
 とある大学の敷地から白骨遺体が掘り起こされる。神奈川県警捜査一課の刑事・石川百合(吉田羊)と高木信次郎(永山絢斗)は先に現場にいた同僚の金子徹(光石研)、立川大輔(滝藤賢一)と合流。遺体と一緒に埋められていた学生証から被害者は橋本誠司(吉村界人)だと分かる。橋本は1971年に起きた、学生と機動隊が激しく衝突した横須賀暴動に参加した後、行方不明になっていた。
 後日、捜査一課に橋本の娘と名乗る恵美(奥貫薫)が来訪。恵美は、橋本と母は学生時代、過激派の活動家だったことを語る。恵美と母は、毎年橋本とおぼしき人物から送金を受けていたので今も彼がどこかに潜伏中だと考えた課長代理の本木秀俊(三浦友和)ら捜査陣は、送金用の封筒にある外国の消印に着目。外国滞在期間が30年以上あるため失踪事件の時効不成立の可能性が浮上し、捜査を始める。

関連情報

監督:波多野貴文(「SP」シリーズ、「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」) 内片輝(「連続ドラマW 殺人分析班」シリーズ) 守下敏行(「バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」)
脚本(話数順):吉田康弘(「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~ 」) 酒井雅秋(「破門(疫病神シリーズ)」) 野木萌葱(舞台「怪人21面相」) 瀧本智行(「連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-」) 蓬莱竜太(『ピンクとグレー』) 瀬々敬久(『友罪』)
音楽:村松崇継(『メアリと魔女の花』)
撮影監督:山田康介(『シン・ゴジラ』) 榊原直記
出演:吉田羊 永山絢斗 滝藤賢一 光石研 / 三浦友和 ほか

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの