新着番組
連続ドラマW 闇の伴走者〜編集長の条件

連続ドラマW 闇の伴走者〜編集長の条件
放送予定日

2018年3月31日(土)スタート(全5話)[第1話無料放送]  毎週土曜 夜10:00

あの名コンビが帰ってくる!反響を呼んだ異色ミステリー「闇の伴走者」の続編を放送。松下奈緒演じる調査員と古田新太演じる漫画編集者が今度は編集長の死の真相に迫る。

 2015年春、異色のクライムサスペンスドラマとして評判を呼んだ「闇の伴走者」。その原作小説の続編『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(新潮社刊行予定)が、漫画界の奇才・長崎尚志によって出版されることとなった。そこでWOWOWは「闇の伴走者〜編集長の条件」として連続ドラマ化第2弾を決定。前作で監督を務めた三木孝浩は映画でヒット作を連発し、今や日本を代表する監督のひとりに。今作は謎解きと人間ドラマが交錯する異色のヒューマンミステリーだが、再び同監督がその手腕を発揮する。さらに、松下奈緒と古田新太のW主演コンビがまたもタッグを組み、複雑怪奇な事件を風変わりかつユーモラスなやり取りも交えて解明してゆく。また劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿は、森秀樹、田中圭一、土山しげる、そして平松伸二ら超一流の漫画家陣の手により実現!漫画マニア垂涎のこの点にもご注目頂きたい。サスペンスとしてのドキドキ感に加え、人間の「再起」という作品のテーマにおいても、観た方に必ずや深い感銘を与えることをお約束したい。

<ストーリー>
 かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任した。しかしその直後にビルの屋上から転落死。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理をした。だがその死には、不可解な謎が多く残されていた。あの人なら殺されても仕方がないと言う編集部員や周囲の人々。「他殺か、自殺か?」――出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田新太)は、再びコンビを組み、伝説の編集長の死の解明に乗り出す。手がかりは故人が残した作者不明の古い漫画画稿。2人は調査を進め、やがて戦後最大の謎「下山事件」に辿りつく。その背後には、「下山事件」を実にリアルに描写した謎の漫画家の存在が!戦後最大の謎の真相とは?伝説の編集長の死と「下山事件」、そして謎の漫画の関係は?優希と醍醐が行き着いた驚愕の「真実」とは!?

関連情報

原作:長崎尚志『編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(新潮社刊行予定)
監督:三木孝浩(「連続ドラマW 闇の伴走者」『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
脚本:阿相クミコ(「連続ドラマW 闇の伴走者」「マルモのおきて」「カインとアベル」)
漫画担当:森秀樹(『腕〜駿河城御前試合〜』『墨攻』 )、 田中圭一(『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』『神罰』)
漫画協力:平松伸二(『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』)、土山しげる(『食キング』『喰いしん坊!』)
音楽:グランドファンク(「連続ドラマW 闇の伴走者」『海街diary』『告白』)
プロデュース:羽鳥健一(「貴族探偵」「ようこそ、わが家へ」「鬼平犯科帳 THE FINAL」)、喜多麗子(「連続ドラマW 闇の伴走者」「眠れる森」「恋人よ」)
プロデューサー:川田尚広(「連続ドラマW 闇の伴走者」『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
出演:松下奈緒、古田新太(W主演) ほか

ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

15程度※1で視聴スタート!

ご加入はこちら

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの