新着番組
連続ドラマW 名刺ゲーム

連続ドラマW 名刺ゲーム
放送予定日

12月2日(土)スタート(全4話)[第1話無料放送]  毎週土曜 夜10:00

    人気放送作家・鈴木おさむがエンタメ業界の光と闇を描いた初のミステリー小説を実写ドラマ化!主演に堤真一を迎えて贈る極限のヒューマンサスペンス!

     人気放送作家・鈴木おさむがエンターテインメント業界の裏側を描いた同名小説を実写ドラマ化した、ヒューマンサスペンスを放送する。世間をにぎわす事件・騒動の舞台ともなり得るテレビ業界や芸能界。そこには、華々しい反面、番組制作の過酷さ、権力者の横暴、売れないタレントの末路といった光に隠れた闇の部分が存在する。本作は、エンタメ業界の第一線で活躍する鈴木おさむにしか描けないリアリティあふれる衝撃作を、スキャンダル性のある表現を限界まで追求して映像化したもの。作中の“名刺ゲーム”を通じてあらわになるのは、“勝者と敗者、強者と弱者の関係”という、エンタメ業界に限らない、日本のビジネス社会の縮図。年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追い詰められる極限のサスペンスは、究極のヒューマンドラマとなり、クライマックスへと突き進む。
     テレビ局の敏腕プロデューサー神田達也を演じるのはWOWOWドラマ初出演、初主演の堤真一。その神田を監禁して“名刺ゲーム”を仕掛けるキーパーソン、謎の男Xは、「ドラマW チキンレース」以来のWOWOWへの登場となる岡田将生が演じる。

    <ストーリー>
     見知らぬ地下のボイラー室で、人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田達也(堤真一)は目覚める。首には謎の首輪がはめられていた。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられた娘・美奈(大友花恋)がはりつけにされている。2人は密室に捕らわれてしまったのだ。
     そんな中、神田の前に突如として謎の男X(岡田将生)が現われる。Xが神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の“名刺ゲーム”。ルールは自分がもらった名刺を捜し当て、その持ち主に“正しく返す”こと。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首輪が爆発し、命を落とすという過酷なゲームだった。完全な密室で、美奈を救うために“名刺ゲーム”に挑む神田。だが、ゲームが進むにつれて、彼が犯した数々の非情な行ないと真の人間性が、次第に暴かれていく。そして、その“名刺ゲーム”には、驚くべき秘密が隠されていた。

    関連情報

    原作:鈴木おさむ「名刺ゲーム」(扶桑社文庫)
    脚本:渡部亮平(『3月のライオン 前編・後編』「時をかける少女」)
    監督:木村ひさし(『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』「民王」)、瀧悠輔(「アラサーちゃん 無修正」)
    出演:堤真一 岡田将生 大友花恋 落合モトキ 柳ゆり菜 河井青葉 / 夏菜 田口トモロヲ ほか

    ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

    15程度※1で視聴スタート!

    ご加入はこちら

    ※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの