新着番組
連続ドラマW 東野圭吾「片想い」

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」
放送予定日

10月21日(土)スタート(全6話)[第1話無料放送]  毎週土曜 夜10:00

    東野圭吾が“ジェンダー”を題材にした累計発行部数100万部を超える傑作ミステリー、待望のドラマ化!WOWOW初主演の中谷美紀が、性同一性障害の主人公を演じる!

     WOWOWが東野圭吾作品を手掛けるのは「宿命」「幻夜」「分身」「変身」「カッコウの卵は誰のもの」に次いで6作目だが、本作は映像化を切望された東野作品の中でも最大の問題作。
     事件、謎解き、絡み合う人間ドラマ…東野ミステリーの真骨頂ともいうべき予測不可能で緻密な展開に加え、性同一性障害の主人公・美月と、事件をきっかけに再びフォーメーションを組む元アメリカンフットボール部の同窓生たち。30代半ばを過ぎ、“恋愛”“結婚”“仕事”…何かにつまずき、行き詰まり、誰もが「自分らしく生きたい」と願う彼らの青春群像劇でもある。
     さらに、性の多様性が叫ばれる今、“ジェンダー”を題材にしたミステリーに真正面から挑むのは、今作がWOWOW初主演となる中谷美紀。これまで数々の難しい役柄を演じてきた彼女が、新境地を開拓する。共演には、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、鈴木浩介ら豪華俳優陣が集結した。

    <ストーリー>
     スポーツライターの西脇哲朗(桐谷健太)は大学時代に所属していたアメリカンフットボール部のマネジャー理沙子(国仲涼子)と結婚したが、夫婦仲はうまくいっていない。ある日、哲朗は早田幸弘(大谷亮平)、須貝誠(和田正人)らチームメートと同窓会を開いた帰り、須貝と忍び込んだ大学のグラウンドで部のマネジャーだった日浦美月(中谷美紀)に遭遇する。
     異様な雰囲気を醸し出す美月の口からは「人を殺した」という衝撃の言葉が。さらに哲朗宅で美月は、哲朗、須貝、理沙子に対し自分が性同一性障害だと告白。男としてクラブでバーテンダーとして働く美月が、ホステスの佐伯香里(中村アン)につきまとう客を人目のない所で殺したというのだ。最初は絶句した哲朗らだが、アメフト部の元部員で美月の元恋人、中尾功輔(鈴木浩介)も交え、美月を守ろうと決意する。そんな折、美月が失踪。哲朗は美月を捜すうちに、次々と苦悩に満ちた事実に直面する。

    関連情報

    原作:東野圭吾「片想い」(文春文庫刊)
    監督:永田琴(「連続ドラマW 東野圭吾「分身」」「連続ドラマW 東野圭吾「変身」」)
    脚本:吉田紀子(「連続ドラマW 東野圭吾「変身」」)
    音楽:市川和則
    出演:中谷美紀 桐谷健太 国仲涼子 大谷亮平 和田正人 中村アン 高月彩良 眞島秀和 赤堀雅秋 酒井美紀 丘みつ子 田中要次 秋吉久美子 鈴木浩介 / 田中泯 橋爪功

    ネットからならe割がお得です! 通常2,300円(税込2,484円)が、最大2か月1,800円(税込1,944円)に

    15程度※1で視聴スタート!

    ご加入はこちら

    ※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの