25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

グラミーアーティストが集結しビートルズのナンバーを披露するトリビュートライブを放送!

1962年にデビューしたザ・ビートルズが、本格的にアメリカに進出したのは1964年。アメリカの国民的バラエティ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演し、その放送はアメリカのテレビ史上最高視聴率を記録し約7300万人が視聴したとされ、アメリカにおけるビートルズ・フィーバーのきっかけとなった。そして2014年、同番組の放送から50周年の記念すべき年にその功績を讃えるトリビュートライブが行なわれた。
 スティーヴィー・ワンダー、ジョー・ウォルシュ(イーグルス)、スティーヴ・ルカサー、ユーリズミックス、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、マルーン5、アリシア・キーズ、ジョン・メイヤー、キース・アーバン、ジョン・レジェンド、イマジン・ドラゴンズ、ケイティ・ペリー、ファレル・ウィリアムス、エド・シーランなど名だたるグラミーアーティストがビートルズの楽曲を演奏。
 さらに、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターがそれぞれステージを披露し、ついにはポールとリンゴの共演が実現した。ラストを飾った曲は「ヘイ・ジュード」。この曲を2人が一緒に演奏するのはザ・ビートルズ解散以降初めてのこと。この歴史的な共演に花を添えるように、出演したメンバーたちがステージに上がり、会場も一体となって歌い上げた。豪華アーティストによる歴史に残るステージをご覧ください。

2014年1月27日
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
ロサンゼルス・コンベンション・センター

放送楽曲・出演アーティスト

  • 「ALL MY LOVING」マルーン5
  • 「TICKET TO RIDE」マルーン5
  • 「WE CAN WORK IT OUT」スティーヴィー・ワンダー
  • 「SOMETHING」ジェフ・リン/ジョー・ウォルシュ/ダニー・ハリスン
  • 「IN MY LIFE」エド・シーラン
  • 「DON'T LET ME DOWN」ジョン・メイヤー/キース・アーバン
  • 「YESTERDAY」ケイティ・ペリー
  • 「REVOLUTION」イマジン・ドラゴンズ
  • 「HEY BULLDOG」デイヴ・グロール/ジェフ・リン
  • 「THE FOOL ON THE HILL」ユーリズミックス
  • 「LET IT BE」アリシア・キーズ/ジョン・レジェンド
  • 「HERE COMES THE SUN」ファレル・ウィリアムス/ブラッド・ペイズリー
  • 「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」
    ゲイリー・クラーク・ジュニア/デイヴ・グロール/ジョー・ウォルシュ
  • 「MATCHBOX」リンゴ・スター
  • 「BOYS」リンゴ・スター
  • 「YELLOW SUBMARINE」リンゴ・スター
  • 「BIRTHDAY」ポール・マッカートニー
  • 「GET BACK」ポール・マッカートニー
  • 「I SAW HER STANDING THERE」ポール・マッカートニー
  • 「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」
    ポール・マッカートニー
  • 「WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS」
    ポール・マッカートニー/リンゴ・スター
  • 「HEY JUDE」ポール・マッカートニー/リンゴ・スター
  • プレゼンター:LL クール J/ジョニー・デップ/ケイト・ベッキンセール/
    アナ・ケンドリック/ジェフ・ブリッジス/ショーン・ペン

出演予定アーティスト画像

関連番組

第56回グラミー賞授賞式

[WOWOWライブ] 3/16(日)午後3:00

このステージに、世界が息をのむ。世界最高峰の音楽の祭典“グラミー賞”。
豪華なプレゼンター陣やグラミーでしか見ることのできないパフォーマンスが見どころ。

第56回グラミー賞授賞式 画像

詳しくはこちら>