INTRO プロジェクト・ランウェイとは?

What's Project Runway?
未来の一流ファッション・デザイナーを発掘しよう! 2004年から全米ブラボー局/ライフタイム局で放送され、エミー賞を受賞するなど全米で大反響を呼んでいる、ファッショナブルなリアリティー・ショー※「プロジェクト・ランウェイ」。 WOWOWでは、2006年に第1シーズンを初放送して以来、シーズンを重ねるごとに反響を呼んでいる。待望の第7シーズンは舞台をロサンゼルスから再びニューヨークへ。ハイレベルなバトルを独占初放送する。そして今シーズンも引き続き、ランウェイのスピンオフ番組「モデルズ・オブ・ランウェイ2」をオンエア。「プロジェクト・ランウェイ7」と共に見れば面白さは何倍にもなる!
番組のルールは、無名のデザイナー候補が毎回異なる課題に挑み、厳しい審査を受けて次々と脱落していく。上位まで勝ち抜いたファイナリストたちは今までと同様、ニューヨーク・ファッション・ウィークで自身のコレクションを発表できる。優勝者に与えられる特典は自分のブランドを立ち上げるための資金10万ドルなど。 16人の参加者は毎回、空前絶後の難題に取り組んでいく。

※リアリティ・ショー
アメリカで絶大な人気を誇る、ドキュメンタリータッチ番組のジャンル。一定の設定の中で繰り広げられ、一般の人が出演する台本ナシの番組。予測不可能の展開も楽しみの一つ。

過酷なルールを勝ち抜くのは誰?
デザイナーには、毎回課題が与えられる。今シーズンは、麻のジャガイモ袋でパーティードレス、金物店の材料で新しい発想の斬新な服、NYの特色ある地区をイメージした服など、バラエティ豊かな難題が揃う。ランウェイでのファッションショーが終わると、レギュラー審査員に加え、毎回ゲスト審査員が評価を話し合い結論を下す。審査では、トップと最下位の2名が決定し、それ以外のデザイナーは次への決定権を握る。最下位はその時点で脱落、ただちに去るという厳しいもの。シーズンを重ねるたびに、番組のルールや、審査員の判断基準も徐々に厳しくなっていく。個人でバトルをするエピソードもあれば、チームになって行うバトルも。協調性やチームワークも、プロとしてデビューするための、必要要素! 限られた時間の中で、最大の才能を発揮できるのは誰!?

モデルにとっても、ランウェイはバトル。デザイナーが1人脱落するたびに、モデルも1人脱落することに…。通常は、前回のバトルで成績が良かったデザイナーからモデルを選んでいき、最後に残ったモデルが脱落となる。また、モデルがデザイナーを選びクライアントとして指示する回も! 毎回の生き残りをかけ、マリ・クレールの表紙を飾ることができるモデルは誰!?

★優勝特典★
・ブランド立ち上げ資金10万ドル
・マリ・クレールでの特集
・ブルー・フライ・ドット・コムで
 服を販売する権利
・5万ドル相当のOA機器一式

イメージ
スーパーモデルのハイジ・クラムがホスト役を務めるほか、多彩な審査員陣も注目!
イメージ
ホスト役として出演者たちの良き姉貴的な立ち位置と圧倒的な存在感で番組に華を添えたスーパーモデル、ハイジ・クラムが引き続き登場。モデルはもちろんドラマ「SEX AND THE CITY」では女優にチャレンジ、ほかにも香水や下着、ビルケンシュトックのサンダルのプロデュースやジュエリーのデザインなど多才さを見せる彼女。同番組ではホストのほかに製作総指揮も勤めながら、2009年には4人目となる女の子を出産したスーパーウーマン。
また、審査員の顔ぶれも特筆もの。デザイナーのマイケル・コースと「マリ・クレール」のファッションディレクター、ニーナ・ガルシアはもちろん続投。更に、豪華なゲスト審査員も登場! ニコール・リッチーや女優ジェシカ・アルバ、歌手フェイス・ヒルに加え、日本でも人気の高いトリー・バーチや、ヴィヴィアン・タム、オバマ大統領夫人が夫の大統領就任式で着用したことで有名なイザベル・トレドなど、豪華なデザイナーが揃う。
世界的なデザイナーを輩出する「パーソンズ・ザ・ニュー・スクール・フォー・デザイン」で再び!ラスト対決はNYの大舞台へ!
番組での衣服の製作・審査の舞台はマーク・ジェイコブスをはじめとする世界の人気デザイナーを輩出している学校「パーソンズ・ザ・ニュー・スクール・フォー・デザイン」(Parsons The New School For Design)。校内には、ソーイング・ルーム(被服製作室)、ヘア・メイクアップルーム(化粧室)、ランウェイ(花道)があり、作った衣装をモデルに着せてキャット・ウォークをさせるまでの工程を行う。

リズ・クレイボーン社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるティム・ガンの鋭いアドバイスは今シーズンも健在。彼の発言が時に勝負の行方を左右するだけに、その発言には注目だ。更に、勝ち残ったファイナリストはスクールを飛び出し、ニューヨークでの勝負が待っている。ニューヨーク・ファッション・ウィークはランウェイデザイナーの憧れの的。ニューヨーク・コレクション開催期間中に一週間行われている。そんな中で行われるファイナリストによるコレクション対決は興奮必至だ。

イメージ