25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら


トップデザイナーを目指す16人が熱いデザインバトルを展開!特典総額50万ドル以上の今シーズンは、「ティムの助け船」など新たな方式も導入され、さらにヒートアップ!

映 像

閉じる
もっと見る

イントロ&チャレンジ

トップデザイナーを目指す出場者たちが優勝を懸けて熱いバトルを展開するリアリティ・ショーの第12シーズンが到着。無名のデザイナーたちが毎回ユニークかつ困難な課題に挑み、厳しい審査の結果、ひとりずつ脱落していく。最後まで残ったファイナリスト3名はファッション・ウィークで自身のコレクションを発表できる上、優勝者には名声と豪華な特典が待つのがドラマティックだ。特に今シーズンは、賞金15万ドルのほか、多数の豪華特典により、総額50万ドル以上の価値があるものに。さらに激戦を盛り上げる新たな方式の数々に要注目。ファン投票により再挑戦が決まった過去の出場デザイナーのリベンジや、誰の服か分からない匿名のランウェイ・ショーでの審査、そして指導役であるティム・ガンが、一度だけ脱落者をコンペに戻すことができる “ティムの助け船”など。あまりの激戦に、つい暴走する出場者が続出!?

閉じる
もっと見る

エピソード

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
閉じる

キャスト&デザイナー

HOST ホスト

ティム・ガン

(声:田中正彦)

番組で共同司会とメンターを務め、エミー賞を受賞。デザイナーたちからも良き指導役として絶大な信頼を得ている。ドラマや映画にも出演し、アカデミー賞などのレッドカーペットで取材も担当。People誌の「最もセクシーな男性」の1人に選ばれたことも。

ハイジ・クラム

(声:鈴木麻里子)

その美貌と凛としたたたずまいと、歯に衣着せない物言いで絶妙な仕切りを見せているホストのハイジ・クラム。ドイツ出身のスーパーモデルで、番組では審査員および製作総指揮も務める。女優活動や、香水やアクセサリーをプロデュースするなどとにかく多才。

JUDGE ジャッジ

ニーナ・ガルシア

(声・泉裕子)

コロンビア生まれ。ファッション誌「マリ・クレール」のファッション・ディレクター。的確で厳しい指摘にランウェイ上でたじろぐデザイナー多数。一方、素晴らしいデザインと認めたものへの賛辞は惜しみなく送る。

ザック・ポーゼン

(声・北田理道)

14歳でパーソンズ・スクール・オブ・デザインのプレカレッジ・プログラムに参加し、18歳のときロンドンで腕を磨く。現在彼のコレクションは世界中の有名百貨店で取り扱われ、多数のセレブたちにも愛用されている。

DESIGNER デザイナー

アレキサンダー・ポープ(38)

ニューヨーク州リッジウッド

ゴージャスな服が得意。メイクアップアーティストの経験も。お気に入りのスタイルアイコンはティルダ・スウィントン

アレキサンドリア・フォン・ブロムッセン(38)

カリフォルニア州サンマテオ

声があまり大きくなく、控えめな印象だが、芯が強く真面目なタイプ。他のデザイナーに対してかなり辛口なコメントも

アンジェラ・バクスコッキー(33)

バージニア州リッチモンド

弟2人と妹1人がいる長女で明るくはきはきした性格。お気に入りのスタイルアイコンはオードリー・ヘップバーン

カヒンド・マティーネ(34)

イリノイ州シカゴ

シンプルだが細部に凝ったデザインが自分の美学。カラーや柄を使ったデザインも得意。ダンスが趣味で明るいタイプ

カレン・バッツ(29)

ニューヨーク州クイーンズ

テキパキしていて、はっきりものを言うタイプ。9歳のとき初めて服を作る。ファン投票ではケイトに投票したらしい

ケイト・パンコーク(24)

イリノイ州シカゴ

シーズン11に出場したが脱落。ファン投票により再チャレンジが決まる。今シーズンは自分の視点を押し出すことに

ケン・ローレンス(24)

アラバマ州バーミングハム

勝ち気な性格で激高しやすい。初めて作った服は綿のライムグリーン色のパンツ。流れのある柔らかい生地は苦手

サンドロ・マスマニディ(28)

ニューヨーク

ロシア出身。歴史やストーリーを感じさせる服作りを心掛ける。自分の才能に自信を持っていて、かなり強気な性格

ジャスティン・ルブラン(27)

ノースカロライナ州ローリー

大学で建築を学ぶ。使う素材が違うだけで、ファッションと建築は同じと考える。耳が不自由で、手話通訳とともに参加

ジェレミー・ブランドリック(41)

ニューヨーク

高校生の頃にデザイナーとしての素質に気づく。夫と2人の子供がいる。お気に入りのスーパーモデルはケイト・モス

スー・ウォラー(45)

ニューヨーク州ブルックリン

独学でデザインを勉強。作業スピードが遅いことが弱みだと考えている。プリーツの手法を用いたデザインが得意

ティモシー・ウエストブルック(24)

ウィスコンシン州ミルウォーキー

環境保護を大切に考える。服作りでも環境への負荷を減らすことを常に念頭に置き、モデルに対しても整髪料を使わない

ドム・ストリーター(24)

ペンシルベニア州フィラデルフィア

いつも笑顔で明るい性格で、協調性がある。動物の世話をする仕事に就いている。好みの色は黒やグレー、ピンクなど

ブレイドン・マクドナルド(38)

カリフォルニア州ロサンゼルス

「マーク・モリス・ダンス・グループ」で長年プリンシパル・ダンサーを務めていた。お気に入りの生地はシルク

ヘレン・カスティーリョ(25)

ニュージャージー州ユニオンシティ

感情表現が豊か、子どもの頃から活発だったという。NYとパリでビジネスを立ち上げるのが夢。猫を二匹飼っている

ミランダ・レヴィ(29)

ウィスコンシン州ミルウォーキー

8年間軍隊で整備士をしていた経歴を持つ。ツーピースが得意。お気に入りの生地は、ウールやコットン、レザーなど

閉じる
もっと見る

スペシャル

視聴者が選ぶベストデザイナー投票 結果発表!!

  • 彼女の作る服にはいつも夢が溢れていて、女の子が着たくなる服ばかりだから(10代・女性)
  • 日本人の女の子でもこれなら着れる!着たい!と思える服を作る!ケイトの性格も服も大好き!ケイトが作ったコルセット風ドレスを結婚式で着たい!(20代・女性)
  • 前回のシリーズに比べて、スキルも心も成長しているケイトには驚かされた(20代・女性)
  • ほか
  • 見ていてハッピーになれるデザインばかり。ポップで奇抜になりがちなところをバランスよく消化していて、好感がもてます。いつも笑顔な彼女が勝ち残ってくれればいいいなぁと思います。(30代・女性)
  • 高級ジュエリーとのコラボでの回のグリーンのプリントのドレスがとても素敵でそれ以来ドムちゃんのファンになってしまいました!笑顔もキュートで、人の悪口も言わなくて性格も良さそうなところも好きです。ファイナルに向けてがんばってほしいです!(50代・女性)
  • プリント使いが絶妙。とにかくセンスが良くて、ハッピーになれる服。性格も好き。(30代・女性)
  • ほか
  • 他のデザイナーとは少々違った感性を持っているような感じだから。(60代以上・女性)
  • スポーツウェアが最高だった。普段の雰囲気も好きだし、タトゥーも好き。自信が無かったり、形にならないと泣いちゃうのがすごくかわいい。(10代・女性)
  • ほか
ブレイドン・マクドナルド (13.4%)
アレキサンダー・ポープ (6.2%)

たくさんのご応募ありがとうございました。

閉じる
もっと見る
ブルックス ブラザーズクリエイティブ・ディレクター就任 初コレクション披露来日記念スペシャル!

INTERVIEW WOWOW独占インタビュー!

配信は終了いたしました。

配信は終了いたしました。

PRESENT プレゼント

ザック・ポーゼン サイン色紙&写真

ザック・ポーゼン サイン色紙&写真のセットを
3名様にプレゼント!

※応募受付は終了しました。

※応募受付は終了しました。

「ブルックス ブラザーズ」2016年春夏コレクション より
「ブルックス ブラザーズ」2016年春夏コレクション より
閉じる
もっと見る