メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

麻野涼の原作小説を小泉孝太郎主演でドラマ化。患者を救う臓器移植をテーマに臓器売買の闇と現在の移植医療の倫理をリアルに描き人命の在り方を問う社会派医療サスペンス。

場面写真 麻野涼原作による、現在の医療制度や人の命の在り方を問うた、社会派医療サスペンス小説をドラマ化。
腎臓が摘出された女性の遺体の発見と、ある医師が掛けられた臓器移植手術による“人体実験”容疑という2つの事件の接点が見えたとき、それらは「臓器売買」疑惑へと発展していく。
「臓器売買」の背景にある、人々の陰謀や愚かさ、そして「臓器移植」による生きることへの希望…。患者を救うために必要とされる「臓器移植」をテーマに大病院と製薬会社の暗躍と現代医療の倫理を問う。

場面写真 女性の遺体を発見したテレビ番組の制作会社のディレクター役に小泉孝太郎。“真実の報道”にこだわる誠実な性格ではあるが、一方で報道の正義に翻弄され苦悩する主人公を演じる。さらに医療倫理のはざまで葛藤する医師役に武田鉄矢。脚本を「世にも奇妙な物語」シリーズを数多く手掛けてきた高山直也と「連続ドラマW トクソウ」の鈴木智。監督を映画『キサラギ』で第31回日本アカデミー賞優秀監督賞など数々の賞に輝いたほか、『ストロベリーナイト』『脳内ポイズンベリー』といった話題作のメガホンを多数取ってきた佐藤祐市と「世にも奇妙な物語」シリーズの植田泰史が担当する。

[ストーリー]

場面写真

場面写真テレビ番組の制作会社のディレクター・沼崎恭太(小泉孝太郎)は、富士の樹海で女性の遺体を発見する。法医解剖で凍死と判断されたが、片方の腎臓が摘出されていることも判明。刑事の白井(豊原功補)は、心に何か引っ掛かるものを感じる。一方、療聖会日野病院では、患者の高倉治子が人工透析を受けていた。治子の体は限界に近づいており、娘の裕美は主治医の日野誠一郎(武田鉄矢)に自分の腎臓を母に移植するよう懇願。しかし日野は頑として受け付けない。そんな中、救愛記念病院にけがをした男女が搬送されてくる。場面写真男女にあったそれぞれの手術痕から院長の大田勇(小木茂光)は、この男女の間で行なわれた腎臓移植を知る。そしてその腎臓が金で売買されたことを知り、警察に通報。執刀した日野は警察に任意同行を求められる。そのニュースに触発された沼崎は、樹海で見つけた遺体と臓器売買の関係について継続取材を決意。やがて医療現場の闇に近づいていく。