イントロダクション

直木賞受賞作家・村山由佳による  官能ラブロマンス小説  主演・水川あさみで衝撃のドラマ化!
数々の男たちと 快楽に溺れながらも “女を生き尽くす” ヒロインの物語。

「第22回柴田錬三郎賞」「第4回中央公論文芸賞」「第16回島清恋愛文学賞」をトリプル受賞した村山由佳の
同名小説をドラマ化する。本作は、夫の支配と性の不一致から逃れるため家を出た35歳の
女性脚本家・高遠奈津 が主人公。奈津は次々と男に抱かれ、性の快楽に溺れていく。
不倫と性描写が話題となった衝撃作だが、単なる官能小説ではなく、「妻」として“安定という束縛”の下
生きることを放棄し、「女」として“自由という孤独”の世界に身を投じる生き方を選んだ女性を描いたことで、
30代から40代を中心に多くの女性の共感を得た。

画像

そんな主人公を演じるのは、今年、奈津と同年齢を迎える水川あさみ
映画『後妻業の女』でも妖しく天真爛漫なホステスを演じた水川が、
露出をいとわぬ役柄に体当たりで挑む。また、奈津に“乗り越えられる”男たちを
村上弘明田中 圭眞島秀和栁 俊太郎らが熱演。

この、年代やタイプの違う美丈夫たちが、ラブロマンスを精神と肉体の両面から彩る。

監督は、「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」など数々の話題作を手掛けてきた
御法川修が担当する。

Story

脚本家の高遠奈津(水川あさみ)は、夫の省吾(眞島秀和)とさいたま市郊外で2人暮らし。
元テレビ局ディレクターで主夫の省吾は、家庭菜園を耕し奈津の仕事を支える。
奈津は、今の生活に不満はないはずだが、何か抑え切れない欲求を感じていた。
ある日、奈津は舞台演出家の志澤一狼太(村上弘明)に、電子メールで心境を赤裸々に
告白すると、密会を誘う返信が。逡巡したが、やがて志澤と逢瀬を重ねるようになる。

画像

その後、当然のように脚本に口を出してくる省吾を不快に感じていた奈津は、
あることでついに口論に。省吾が自分を管理下に置こうとしていると気付き、
家を出て東京でひとり暮らしを始める。そのころから、志澤は奈津を避けるようになった。
入れ替わるように、奈津は出演したトークショーの会場で、妻子のある大学時代の
先輩・岩井良介(田中 圭)と再会し、男女の関係に。
さらに、知り合った新進俳優の大林一也(栁 俊太郎)にも心惹かれていく。

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」
を見るならWOWOW

ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの