連続ドラマW

イントロダクション

イントロダクションの写真

できるはずだ……!俺に資格があるのなら……。崇高な目的のためならば流した血はあがなわれるのか?あの世界的名作が現代日本によみがえる!

世界文学史上に残る名作、ドストエフスキーの「罪と罰」。重厚な哲学的テーマをもち、スリリングなサスペンスでもある大作の、実写映像化に挑む!
 基になるのは、落合尚之が原作を現代日本におきかえて翻案した漫画「罪と罰 A Falsified Romance」。ひきこもり、援助交際などさまざまな事象を巧みに取り入れ、歴史的名作を見事に現代社会と融合させた傑作コミックだ。 罪を犯す主人公・裁弥勒(たち みろく)を演じるのは注目株・高良健吾。不幸中毒の一面と聖母像をあわせもつ複雑なヒロイン飴屋英知香(あめや えちか)役は、人気女優の水川あさみ。ほか、今注目の実力派俳優陣が揃っている。

イントロダクションの写真

「人はなぜ人を殺してはならないのか」「人間が他の動物と異なる存在である根拠は」
人類普遍のテーマに挑む衝撃の問題作が、今、幕を開ける。

イントロダクションの写真

ストーリー

大学をドロップアウトし、自室に閉じこもり、

肥大する自尊心と過敏な劣等感の間でもがく青年・弥勒の心に宿った恐るべき「ある計画」

それは、援交グループを支配する女子高生・馬場光の殺害だった。

「生きていても他人も自分も傷つけるだけの害虫。そんな害虫を取りのけたとしてそれが罪になるだろうか?」

「目的の達成が流血をあがなうだろう」。

自らの心の声に突き動かされた弥勒はついに行動を起こした。

しかし、思いもよらぬ結果が弥勒を苦しめる…。

キーワード

今注目の若手俳優が集結

主演は、2012年エランドール新人賞受賞など将来を嘱望されている高良健吾。また、人気女優の水川あさみがヒロインを演じる他、映画『告白』で脚光を浴びた橋本愛、映画『ヒミズ』でベネツィア国際映画祭最優秀新人賞の染谷将太など、日本映画・テレビ界の未来を担う若手が集結した。さらに、伊武雅刀、田中哲司、萬田久子ら実力派ベテラン陣が脇を固めている。

キーワードの写真
キーワードの写真
ドストエフスキー(1821-1881)

19世紀ロシアの文豪。処女作『貧しき人々』が激賞されるが、空想的社会主義に傾倒してシベリア流刑に。出所後も賭博癖、経済的困窮、持病、女性遍歴など波瀾万丈の人生を送る。代表作『罪と罰』は、道徳・信仰・理想と現実・命・愛・正義・貧困といった人類の普遍的テーマを追究し、世界の文学・思想に決定的な影響を与えた傑作。

ページTOPへ