宿命

人間の尊厳を描く東野圭吾の傑作ミステリーを、豪華キャストが熱演。意外な結末は必見。

1990年に発表された原作は、宿命によって結びついた二人の男の人間ドラマを軸に、人間の尊厳という普遍的なテーマをも描き出した東野作品初期の傑作ミステリー。宿命のライバルを演じるのは、人気・実力を兼ね備えた藤木直人と柏原崇、そして運命の女性には本上まなみ。豪華なキャスティングも話題を呼び、WOWOWが総力を結集したエンターテインメント作品となりました。

ストーリー

刑事と容疑者になった幼なじみ。二人を待ち受ける「宿命」とは?

和倉勇作(柏原崇)はかつて、医大進学を諦めた過去を持つ。初恋の女性・美佐子(本上まなみ)とも別れ、苦悶の青春を過ごして警察官になった。そんな彼の前に、殺人事件の容疑者として、学生時代のライバル・瓜生晃彦(藤木直人)が現れる。脳外科医として活躍する晃彦は、奇しくも美佐子の夫となっていた。宿命の再会の後、徐々に明かされる秘密の数々。そして最後に待ち受けるものは…?

[スタッフ]
原作:東野圭吾(「宿命」講談社文庫)
脚本:佐伯俊道(「スクール・ウォーズ/HERO」)
監督:若松節朗(「ホワイトアウト」「弟」)
企画:山本均(WOWOW)
プロデューサー:青木泰憲(WOWOW)、高橋萬彦(共同テレビ)
主題歌:「シュクメイ」藤木直人(ポニーキャニオン)

[キャスト]
藤木直人:瓜生晃彦
柏原崇:和倉勇作
本上まなみ:瓜生美佐子
飯島直子:サナエ


手塚理美:内田澄江
東幹久:西方
中村嘉葎雄:松村
名倉潤:運転手