25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

イントロダクション

大門剛明原作のリーガルサスペンスをドラマ化。仲里依紗演じる検察事務官の主人公が弁護士殺しの容疑をかけられた検事とともに過去の冤罪事件の真相を解き明かしていく。

司法制度をテーマにした推理小説を発表し続ける
作家・大門剛明の同名小説をドラマ化。
本作は、警官であった父親を殺された過去を持つ女性検察事務官が、父を殺した犯人が冤罪かもしれないという疑惑が浮上したことで、次々と新たな事件に巻き込まれていくノンストップサスペンスである。“冤罪をどう償うのか”という現代社会に課せられたテーマを扱う社会派ドラマであると同時に、2つの殺人事件の真実を追う法廷ミステリーでもあり、リーガルサスペンスの新機軸を打ち立てた。

場面写真
場面写真

主役の検察事務官を演じるのは仲里依紗。弁護士殺害事件の容疑者となった検事とともに、父親が殺された事件の真相と、検事の殺人容疑の真相を暴くため、冤罪事件の闇に身を投じる難しい役どころに挑む。また、監督は「連続ドラマW 悪貨」「連続ドラマW 震える牛」の権野元、脚本は「ドラマW 再生巨流」、映画『64 ロクヨン』の久松真一と、重厚な社会派サスペンスの映像作品を手掛けてきた2人が担当する。

ストーリー

検察庁の事務官・平川星利菜(仲里依紗)には、
警官だった父(螢雪次朗)を殺害された過去があった。逮捕されたのは父が車上荒らしの疑いで自らが事情聴取を行なった健太郎であり、刑も確定していた。星利菜は、健太郎を自白に追い込んだ検事・田島亮二(岸谷五朗)を尊敬しており、ともに仕事をするようになった今、日々やりがいを感じていた。しかし、ある日、健太郎が冤罪を主張し、刑務所で自殺したことを知る。

場面写真
場面写真

数日後、健太郎の弁護を行なった黒宮弁護士(佐藤二朗)と顔を合わせた田島は、真犯人の存在をほのめかされる。黒宮が遺体で発見されたのはそれから程なくしてのことだった。現場の防犯カメラには、返り血を浴びた田島の姿が。父親が殺された事件に冤罪の疑惑が浮上し、さらに信じていた田島に殺人容疑がかけられ、星利菜は何を信じればよいのか、愕然とする。
そして星利菜は自らの正義を持って真相を暴くため、事件に立ち向かうが…。