戦場ジャーナリスト:加山清治[仲村トオル]
フリージャーナリストとして、週刊潮流に身を置く。十二年前、自ら書いた記事が誤報となり、取り返しのつかないことをしてしまったと思い悩む。
弁護士:石原揺子[黒木瞳]
敏腕弁護士。目的の為には手段を選ばないと揶揄されるが、知られざる過去を抱えている。
捜査一課の刑事:浅田邦生[陣内孝則]
十二年前に篠塚を誤認逮捕。真犯人追求の為、粘り強く捜査を続ける。篠塚が獄中にいた間、孤独な美保のことを気にかける。
冤罪で服役していた男:篠塚良雄[國村隼]
無実の罪で、十二年間刑務所で過ごし、獄中にいる間に妻・聡美を亡くす。娘の美保との再会を心待ちにしている。
殺された智子の姉:鈴木弘子[ミムラ]
妹の智子を殺害され、ショックから立ち直れずにいる両親を献身的に支える。篠塚が真犯人ではないと分かり、複雑な心境に。
週刊潮流編集長:坂井浩明[松尾スズキ]
雑誌が売れるようなネタのことしか頭になく、慎重になり過ぎている加山を案ずる。
内閣官房長官:吉田栄之助[竜雷太]
現職の官房長官。冤罪で苦しんだ篠塚のため、国家賠償に応じる姿勢を見せる。
与党都議会議員:栗林伸行[相島一之]
石原の同級生。選挙を見据え、イメージアップの活動に余念がない。
謎の男:桂木尚人[寺島進]
十二年前の事件の鍵を握る。常に警察にマークされているが、逃げ足が早い。
v
篠塚の娘:長田美保[本仮屋ユイカ]
父・篠塚が冤罪で釈放されるものの、受け入れ難く感じている。恋人の高村を心の拠り所にするも、父の事情は話せないでいる。
カメラマン:鳴瀬実[中村俊介]
加山の相棒。戦地での取材の苦境を共に越え、信頼し合っている。
弘子・智子の父:鈴木則之[光石研]
娘の智子を殺害され、ショックから家に引きこもるようになる。
支援する会代表:太田佳苗[草笛光子]
篠塚を支援する会の代表。娘に会いたがる篠塚のため、美保と引き合わせようとする。
捜査一課の刑事:前畑吾郎[袴田吉彦]
浅田の同僚。十二年前の事件について、秘密裏に浅田に協力。
捜査一課課長:浦井茂[柴俊夫]
浅田の上司。十二年前に誤認逮捕してしまった浅田をかばい、篠塚に謝罪する。