メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

キャスト

  • 青木崇高
  • 渡辺いっけい
  • 北見敏之
  • 藤本隆宏
  • 小柳友
  • 古川雄輝
  • 神野三鈴
  • 勝村政信
  • 仲村トオル
閉じる

原作

  • 麻見和史「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」(講談社文庫)

    1965年、千葉県生まれ。2006年、『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し作家デビュー。著書に、「警視庁殺人分析班」の奮闘を描いた人気シリーズ『石の繭』『蟻の階段』『水晶の鼓動』『虚空の糸』『聖者の凶数』『女神の骨格』『蝶の力学』のほか、『深紅の断片 警防課救命チーム』『特捜7(セブン)-銃弾 -』『警視庁文書捜査官』などがある。

    講談社公式サイトはこちら

    「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」(講談社文庫)

スタッフ

  • 監督:内片輝 コメント(「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」)
  • 脚本:八津弘幸(「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」)
  • 音楽:諸橋邦行(「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」)
  • プロデューサー:松永綾 
    北川雅一

コメント

木村文乃如月塔子役コメント

「石の繭」に続いて、再び如月塔子を演じることが決定した際のお気持ち

『石の繭』では、役としてちゃんと立っていたい私と、揺れていて欲しい監督、というように、「塔子」は内片監督と一緒に作っていると言う感覚があります。
『水晶の鼓動』は(『石の繭』から)一年後のストーリーになるので、監督との感覚を上手くミックスしてより人間味のある塔子にできたらと思っています。

“殺人分析班”の再結成(再共演)についての感想

本格的な作品だからこそのピンと張りつめた緊張感を作り出してくれるスタッフのみなさんと、尊敬する俳優の方々とのお芝居そのすべてが私の挑戦であり栄養になる場なので、嬉しいの一言です。

視聴者へのメッセージ(見どころなど)

全編通して張りつめた緊張感がありつつも、事件が起きて刑事が動くという話だけではなく、そこに関わる人たちの生活や形作るものもしっかり描かれていると思いました。
前作として『石の繭』がありますが、『水晶の鼓動』は『水晶の鼓動』としてお楽しみいただけると思います。

内片輝監督コメント

「石の繭」に続いての監督となりますが、意気込みをお聞かせください。

今回の「水晶の鼓動」は、好評いただいた前回よりもさらに!楽しんでいただけるエンタメ作品です。WOWOWで放送されている海外ドラマ同様、お客さんを中毒にさせるシリーズになってしまう予感です。「殺人分析班」オタク、「如月塔子」ファン、「鷹野」マニア、そんなお客さんがたくさん生まれそうですよ。

前作に引き続き如月塔子を演じる、木村さんに期待することをお聞かせください。

キャラクターとしては、一生懸命だが不器用な塔子が、前回の事件からの一年間どうやって生きてきたのか。
刑事として、またひとりの人間としての成長を見せて欲しいです。
現場としては、今回も「塔子ならできる!」を合言葉に、他のキャスト、スタッフとともに大活躍してもらうつもりです。
女優「木村文乃」の魅力は、まだまだ底を見せません。だからこそ、本当にご一緒するのが楽しみなんです。

本作で特に注目してほしい点がございましたら、教えてください。

前作を上回る猟奇的殺人の恐るべき手口!
姿の見えない容疑者を必死に追う塔子たちの姿を、ビジュアル、音楽とともに、その世界観にどっぷりと浸って楽しんでください。

もっと見る