メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イントロダクション

イントロダクション

ついに日本のメディアが、揺らぐ。

イントロダクション

日本を代表する巨大新聞社が発行部数の低迷から身売りを画策。それを狙うのは、トランプ大統領を彷彿させる外資を率いた日本人だった!

伝統ある巨大新聞社が外資へ“身売り”を画策するという衝撃的なストーリーが展開される社会派ドラマを放送する。
日本を代表する新聞社・日本新報は、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りは不可避と判断。
外資を率いる日本人・青井と交渉を開始する。
しかしその要求は過激で、まるで暴君のような青井に日本新報は翻弄されることになる。
果たして、戦後日本の論壇を支え、政局にも深く関与してきた「新聞社」という“既成制度”は崩壊していくのか!?
そして、青井の日本の新聞社吸収の真意とは?

原作は、堂場瞬一の小説「社長室の冬」。本作は「警察回りの夏」「蛮政の秋」に続く“メディア三部作”の完結編になる。
今回のドラマ化では、身売り交渉の相手となる青井に主人公を変更してお届けする。

主役を務めるのは三上博史
「連続ドラマW 下町ロケット」で夢を追う中小企業社長を演じた三上が、今回は外資系企業の日本法人社長として、
まるでドナルド・トランプを彷彿とさせるような“暴君”を演じる。

ストーリー

日本最大の新聞社、日本新報社長の小寺政夫(中村敦夫)はついに決断した。
日本の新聞社初となる“身売り”を実行するのだ。

相手は米巨大ネットショッピング会社AMCの日本法人社長・青井聡太(三上博史)
まるで黒船のように現われた外資が、日本の新聞をのみ込もうとしていた。

そんな折、小寺が急逝。後任の新里明(笹野高史)が引き継いだこの交渉は、簡単には進まないことが予想された。
実は、青井は元日本新報の記者で新里とは浅からぬ因縁があったのだ。
元記者で、ある事件をきっかけに社長室への異動を命じられた南康祐(福士誠治)は、この交渉の補佐を命じられる。

一方、絶対に名を残したい創業者一族の長澤英昭(田中泯)は、
日本の政治の裏工作を一手に引き受けてきた国会議員・三池高志(岸部一徳)を訪ね、交渉の妨害を要請。

そんな中、青井が最終的な買収条件を提示してきた。
それは新里や南も震撼する衝撃の内容であった。
その条件とは…!?