25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

キャスト・スタッフ

  • 鈴木京香
  • 高良健吾
  • 萩原聖人
  • 高岡早紀
  • 浅香航大
  • 福田彩乃
  • 三根梓
  • マキタスポーツ
  • 池田成志
  • 千葉哲也
  • 中原丈雄
  • 石橋蓮司
  • 高良健吾
  • 鈴木京香

「平成猿蟹合戦図」(朝日文庫)

原作:吉田修一「平成猿蟹合戦図」(朝日文庫)

1968年長崎県生まれ。97年に『最後の息子』で第84回文學界新人賞を受賞し、デビュー。 2002年には『パレード』で第15回山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。『パレード』は後に行定勲監督により映画化された。07年朝日新聞に連載した『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞を受賞。10年に『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。その他主な著書に『さよなら渓谷』、『太陽は動かない』などがある。また作品は英語、仏語、中国語、韓国語にも翻訳。世界で注目される日本人作家でもある。他に「春、バーニーズで」もWOWOWでドラマ化されている。

脚本:羽原大介(『フラガール』「ダブルフェイス」NHK連続テレビ小説「マッサン」)

監督・脚本協力:行定勲(『世界の中心で、愛をさけぶ』『北の零年』『パレード』)

監督・脚本協力:行定勲

1968年熊本県出身。助監督として林海象監督や岩井俊二監督の作品に参加し、長篇第1作『ひまわり』(00)で第五回釜山国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞。『GO』(01)では第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝く。その後『贅沢な骨』(01)、『ロックンロールミシン』(02)を発表、そして、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)が、観客動員620万人、興行収入85億円を記録する。'05年には吉永小百合主演の『北の零年』、『春の雪』、'07年『クローズド・ノート』が公開。'10年には『今度は愛妻家』、芥川賞作家吉田修一氏原作『パレード』(10)にて ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞、以降も『つやのよる』(13)、芦田愛菜主演『円卓』(14)等を監督。映画最新作として、12月27日公開の三浦春真主演『真夜中の五分前』(日中共同製作)が待機している。

コメント
ある一つの憎しみから始まるこの物語は、まるで玉突き事故のように人々の運命を変えて行く。歌舞伎町のバーテンダーがある音楽家のマネージャーと出会うことで国政選挙に出ることになるという、数奇な運命に弄ばれ結ばれて行く人間たちの絆を描いた吉田修一氏のユニークな復讐劇を読んで、私はすぐに映画化を考えましたが、登場人物の魅力のすべてを二時間に押し込むことは不可能だと感じました。そこで、私にとって初めての連続ドラマという形態に挑戦しようと思ったのです。兼ねてからご一緒したいと思っていた鈴木京香さんや高良健吾さん、他にも豪華な出演者を得て、転がり続ける主人公たちの予測不能な展開を飽きることなく楽しんで観て頂ける作品になると思っています。
絶望の底から希望を見出す人間たちの姿に、今私たちが必要としている正直で真っ直ぐな想いを重ねて感動的に描きたいと思っています。

音楽:めいなCo.

主題歌:
「それでも世界は美しい」
塩ノ谷早耶香(キングレコード)

劇中歌:
「ぼくらの居場所」
作詞・作曲 柴田隆浩(忘れらんねえよ)

プロデューサー:
井上衛(WOWOW)
森川真行(ファイン)
渡邉義行(ファイン)

ページTOP↑